アニメ第126話「文字でしか伝わらないものがある」

居ても立っても居られなくなり今日も走り書き感想。後で加筆するかも。





(アニメ感想)

■新オープニング 「アナタMAGIC」/monobright
絵も視点も元気にグリグリ動いて見応えありました。あのキャラも登場。


■本編
新八のドキドキ文通編。何よりも衝撃的で印象的だったのは冒頭のタカチンのヲタ芸でした。何あの表情豊かでノリノリなタカチン。何あの凝った振り付け。何あの無駄にぬるぬる動きまくる素晴らしいクオリティ!Cパートで言ってた「無駄に枚数かけて予算が足りなくなる」って正にこういうシーンの事じゃないか!前回が安上がりの総集編になってたのも頷けるよコレ! 新OPと見せかけて「お前の母ちゃん××」というフェイントから始まり、ああそういえばこの話はそういう始まり方だったなと気を取り直していたら、アイドルヲタ達が以前ある番組のヲタ特集で見た事のあるノリそのもので暑苦しく乱舞する様子をじっくりねっとり見せ付けられて早くも酸欠状態です。やたらタカチンフィーチャーな画面を見ていたら何でか「何のサービスシーンだよ!」と叫ばずにいられませんでした。GJ。

今回は色々面白かったんで箇条書きで。
・「スイーツ(笑)」出たー
・タカチンの個人的意見が面白かったので後でまた一時停止しながらじっくり見ようと思う
・神楽が食ってるスルメが美味しそうでした
・新八の部屋のお通ちゃんのポスターも一枚一枚じっくり見たい。
・女王様の「忘れ物」が地味にツボった
・こんにゃくがぷるんぷるんで美味しそうでした
・糸こんにゃく追加
・こんにゃくはまだたっぷりあるそうです

新八の文通相手先の姉妹のキャストは姉・後藤邑子さん、妹・豊口めぐみさん。東Pのコラムで既に情報ありましたが。(キャラ名は次週公開?エンディングのクレジット見るの忘れてたので後でまた見ます。)豊口さんがご自身のブログに銀魂出演の事を書いてらっしゃていました。

めぐぶろぐ:ゲスト情報!
「面白い」と言われるとやっぱり嬉しいのう。近藤さんが好きですかそうですか(笑顔)

ここで本編感想を終えようと思ったら約5割がタカチンダンスについてな事に気付いた。


■新エンディング 「I、愛、会い」/ghostnote
主人公は10代の皆さんでしょうか。曲はOPも次回以降じっくり聴きくつもり。
追記:成長途中の若者たちとそれを見守る保護者たちっていう構図なわけね。

※銀魂のOPが終わったところで教育テレビにチャンネルを移したら、丁度『おじゃる丸』がEDでした。で、キャストのクレジットを見ると「電ボ八老 山崎たくみ」の文字が…。ガ、ガッデェェェム!またやられた!ついこの間も何となくEDの時間になってから点けたらたくみさん出てたんだよ!どうしてこう見ない時に限って出てるんだ!電ボ八老ってキャラずっと気になってたのに…。銀魂はビデオ録ってるからすぐおじゃる丸の方に回そうと思ってたのに、タカチンダンスがあまりにも見事だったのでつい見入ってしまって…。おおぅタカチンめ。

※今日の忍たま「強いナメクジ」の感想メモ。アッー鉢屋先輩!これまさか初登場だったのでしょうか。乱太郎の口振りからするとそうっぽい気が。こんな昔から出てたんだなぁ…。やんちゃっぽくて可愛い。しかし初登場なのに一切顔出ししていないとは、不思議なキャラだなぁ…。(本感想書きました
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-02 19:56 | 銀魂活画(アニメ)

<< は!ひ!ふ!へ!ほ!た!ちつてと! 第二百三十訓 己の居場所は己で... >>