は!ひ!ふ!へ!ほ!た!ちつてと!

鉢屋先輩は無敵。

■十月二日 「強いナメクジ」の段(再放送)
食堂のおばちゃんが忍者服を着て手裏剣の練習をしているのを見た乱太郎。訝しんでいると、三年の伊賀崎先輩からあれは学園きっての変装名人・五年の鉢屋三郎先輩だと教えられる。誰もその素顔を見た事がないという話に興味を持った乱太郎は先輩の素顔を見たいと思うが、鉢屋先輩の巧みな変装術でからかわれてばかり。怒った乱太郎・きり丸・しんべヱは、喜三太のナメクジが仕舞われた押入れの中に先輩を閉じ込めて、冷や汗をかかせてやろうという作戦を思い付く。(あらすじ)

まず孫兵がジュンコを逃がしているのに笑いました。またかよ!先週の土曜に逃げてたばっかじゃん!で、本編内容ですが。タイトルからして喜三太の話だろうと思っていたらまさかの鉢屋でした。どうやら初登場回だったようです。初出は雷蔵とのコンビじゃなかったのね。視聴再開した頃は滝夜叉丸くらいしか先輩キャラは憶えてなかったんだけど、こうして観ると確かに見覚えがある…。乱太郎、ターゲットにされたが運の尽きだ。悪戯好きなのは昔から変わらないようですが、今よりも大分やんちゃな印象でした。「いたずら小僧」って言葉がぴったりな感じ。きり丸の中身が実は鉢屋だと気付かない乱太郎に自分の話題を振られて、「成績優秀で素顔は超二枚目」とか何食わぬ顔で言ってるのが素敵。三人組の会話を気にしてるのとか、最後のぶい☆とか可愛すぎるよ!も~お茶目さん。

でも鉢屋の変装って顔はそっくりに出来ても体型だけは誤魔化せないから、一年生とか自分より背の低い人間に化けると頭と体のバランスがおかしくなるっていう欠点があるんじゃなかったっけ。この頃はそこまで設定が練られてなかったのかな、というか練るまでもない気がしますよ等身の問題は。鉢屋の引き攣り顔と悲鳴は貴重…ですね。うへへ。まぁ鉢屋の顔というか喜三太の顔なんですけど。しかし鉢屋の機転の利き方は並大抵じゃない。「正体をあばけ!の段」で一年は組に取り押さえられた時も焦ってた風に見えたけど難なく抜け出してましたからね。(あれは忍者ぽくて格好良かった。)やはり鉢屋先輩は一枚も二枚も上手なのでした。次週は雷蔵回も来るようなので楽しみ楽しみ。

++++++++++

■「田村三木ヱ門の落胆」の段
タイトルが何となく某大ヒットラノベを髣髴とさせました。お前達(乱太郎きり丸しんべヱ)に励まされると田村先輩余計に落ち込んじゃうじゃないか!とか虎若が何気にヒドイのに笑った。つまり落ちこぼれに励まされちゃおしまいだと。プライドの高い人間は特に。は組の子達って何気に辛辣な言葉吐きますよね(笑) けど全く嫌味っぽさが無いので普通に聞けるのが良いところ。どこまでも素直な子達ですよ。照星さんの来訪に飛び上がって喜ぶ三木ヱ門が可愛いかったです。照星さんはシブカコイイ。良い声だ…(キャストは松山鷹志さん)。そして食堂のおばちゃんの格好で洗い物をしながら乱太郎たちの頼みを「いいよー(男声)」と笑顔で快諾する鉢屋先輩。良い人だ…。この人が出てきた時点でオチは読めました。いつもと違う黒(というより濃い灰色?)の忍者服にドキドキ。

■「深夜のドクたま」の段
臨海学校編の前振り回?いきなり寝ぼけ眼の小松田さんきたー。深夜もお勤めご苦労様です。目がタカ丸みたいになっとりますよー可愛いなぁ。事務服で頭巾取ってる格好は初めて見たかもしれない。そして規格外なサイズの袴をずるずる引き摺りながら登場した魔界之先生に盛大に吹きました。まwwかwwいwwのwwせwwんwwせwww緑の袴がまるでピーマンwww座ると裾が広がってカボチャみたいだ。蹲ると顔が埋もれてたし!とにかく動くたびに有り余った裾がワサワサいうのが堪らなく可笑しくて爆笑。そんなもん置いてくればいいものをわざわざ穿いて来るところが好きすぎる。そうかだから臨海学校の段では失敗せずに買えた半漁人スーツを着てあんなに得意顔だったのね。ところで、キャプテン達魔鬼がドクたま達に恐竜さんボートを見せている場面のBGMって小松田さんのキャラソンじゃないですか?


e0002518_15284334.jpg
魔界之先生かわいいよ魔界之先生。ちなみに声は伊作と同じ置鮎さんです。

e0002518_15293640.jpg

[PR]

by shougetu16 | 2008-10-03 15:48 | 忍たま・落乱

<< 完っ璧だ!~愛と狂気の厳禁シリ... アニメ第126話「文字でしか伝... >>