第二百三十一訓 床屋で交わされる店員との会話は世界で一番どうでもいい

風邪は本格的になる前に乗り越えられたっぽいです。では簡易感想。





なにこの可愛い近藤さん。切ないにも程がある…!銀さん行き着けのさびれた床屋と大人気カリスマ美容師のいるBI・YOU・IN(店名)との対比で、以前の団子屋みたいに古い店には古いなりの良い所があるのよっていう良い話系に行くのかなと思ったらまァ。この床屋さんは仕事よりも人との繋がりを大切にし、それ以上に「あぶさん」を大切にするただの駄目な床屋さんでした。オシャレな美容院に入店拒否られた近藤さんと店番の銀さんをカリスマ美容院と勘違いした桂のひと悶着まででも非常に面白かったのトドメに将軍かよォォォォォ!次回がどんなカオスになるのか楽しみ過ぎます。もう悲劇の予感しかしないのですが。

なんかァ俺の周りってカッコイイ奴ばっかでいっつもそいつらばっかりキャーキャー言われてて 一方俺は好きな女性にも全然相手にされないしグッズとかも全然出ないんですよ

近藤さんの愚痴。土方とか沖田(山崎もか?)みたいなシュッとした正統派イケメンばかりが持て囃されるグッズ展開に空知先生もやや不満を感じているのでしょうか。近藤さんだって充分イケメンなのにね。

●神楽が読んでいた『あぶさん』という漫画の元ネタを知らなかったので思わずウィキった。(⇒【あぶさん】:ウィキペディア)野球漫画なのね。物知らずでごめんなさい。こういう元が分からないパロディの場合、「あぶさん」と「(虫の)アブさん」のシャレだったとかそういう何気ないネタに気付いた時の楽しさを味わえないのが悔しいですよ。今週の銀魂に話を戻しまして、永嶋新司/「あぶさん-刺され虫-」って何コレどういう漫画!?その道ウン十年のアブ退治を専門とする男のアブ退治奮闘記的とかそんなんでしょうか。最近は他のマンガ・アニメ・ゲーム作品ネタが昔と比べて増えましたね。アニメが少なからず影響しているのかも。

●最大のツボは銀さんのこのまま帰るぞでした。非情極まる。ちょっと前に「流石に今回は憎まれ口叩けないよ俺」と言っていた口と同じ口が言うんですよ。大好きです←
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-07 14:07 | 銀魂感想(本誌)

<< アニメ魍魎の匣 第一話「天人五... 完っ璧だ!~愛と狂気の厳禁シリ... >>