アニメ魍魎の匣 第一話「天人五衰の事」

なんという百合アニメ。
いや原作通りなんですけどね。耽美な作画と演出が完全にそっち方向へ全力疾走していたもので。
原作でも「頼子はレズビアンではない」とわざわざ断りを入れていた位ではあったけど、
ここまで危しげな雰囲気ではなかったもんなー。(でも何だろうこの満足感。目覚めそうで怖いよ)
ここまでは美少女二人が主人公なのでそういう印象になったけども
次回以降、原作シリーズの主要陣が動き出せばガラリと見え方が変わるんだろうなぁ。
アニメっぽい制服のデザインのせいもあるか、昭和初期の匂いみたいなものもあまり感じなかったけど
京極堂や関口先生がメインに出てきたら一気にそういう時代の風合いになりそうな予感。
(「魍魎の匣」が極上百合アニメなのは初回だけ!ですよ。たぶん。)

とりあえず、第一話は満足な出来でした。この段階では忠実に原作再現されている様子。
(この第一話の流れに京極堂が出て来ないという悠然と構えた脚本も原作通りですよ。)
頼子と加菜子の月夜の逢瀬(?)が耽美的で幻想的で非常に印象的でした。
美少女二人と夜桜と月光。実に目に鮮やかだ。
ちょいちょい入るホラーな演出がイイですね。ホラー色を意識した事が無かったのでちょっと新鮮。
「天人五衰」というキーワードをサブタイトルにしたのは中々巧みだと思います。
視聴者も謎解きし易くなるんじゃないかなぁ。自分はミステリ作品見て推理した事なんて無いですけど。
冒頭の「匣の中の娘」のシーンを関口先生視点で再現していたのも面白かった。
良いカンジで再構成してくれていそうに感じましたよ。終盤どうなるんだこれワクワクテカテカです。
第一話という事で、作画のレベルもさすがに高かった。加菜子ちゃんの表情指とかとか美しすぎる。
二話以降もこの完成度を保ってくれれば嬉しいなぁ。(CGは出来ればあまり使って欲しくないけど。)
とにかくもう仏頂面の古書肆と躁病探偵の登場がものっそ楽しみです。
OPの猫と戯れてる榎さんが可愛かったなー。京極堂の猫って名前たしか「ざくろ」だよね?
EDはなんだか悪夢的。そうかアーティストがナイトメアだからか(それはどうだろう

次回のタイトルは「狸惑わしの事」。狸惑わして、鳥口君の事だな。
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-08 21:44 | 私的瑣談(雑記)

<< まるでゴキブリだねぇ 第二百三十一訓 床屋で交わされ... >>