第二百三十二訓 天は人の上に人をつくらず髷をつくりました

土曜発売だったのに感想アップいつもと変わらなくなってしまった。
簡易感想です。





めっさ笑いました。アホ丸出しのサブタイトルからして素晴らしいです。「忘れもしないあの凛とした顔立ち!!優雅な佇まい!!粗末なチン○!!」でさっそく吹いて、将軍の目が「ナルトで車輪眼」の辺りからもう一コマごとでいちいち吹きっぱなしの勢いだったんですけど、限界突破のパッツンパッツン顔芸で我が腹筋もとうとう限界突破しました。死ぬ。笑いすぎて死ぬ。ひいひい…。掲載位置が巻頭カラーのNARUTOのすぐ次っていうのがもう絶妙です。しかもカカシ先生がしっかり車輪眼を出しているという。計算なのか偶然なのか、偶然だったとしたら空知先生はもう神に愛されているとしか思えません。後半になるにつれ気持ち悪いくらいのシモネタがどんどん加速していく相当キタナイ展開になっているので、人によっては拒否反応出るかもしれないですね。それくらい酷いよもう。ゲロとかゴールデンレトリーバーのウンコとかムッシュとか…恐ろしく下劣だよ。笑っちゃいましたけど。銀さん打ち首獄門恐がってるくせになぜあんな素っ頓狂な事ができるんだ。将軍は心が綺麗過ぎるよな…純粋で澄み切っている…信州は上高地の流れもかくやと思われる程です。打ち首獄門のイメージでカラスが絶妙な位置に来てますね…やっぱり切断面はアウトなのか。

●将軍も単行本表紙ゲットの望みが出てきたかな?良いキャラなのでもっと出て欲しいです。

粗末な感想しか書けなくてモヤッとします。
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-14 14:40 | 銀魂感想(本誌)

<< 忍/た/MAD漁り・その十四 以上の台詞は私、鉢屋三郎でした >>