アニメ第129話「拾い食いに気をつけろ」

とりあえず猫派!でも最愛の生物といったらやっぱりヤモリです。ヤモリかわいいよヤモリ。





(アニメ感想)

■本編
地球では十八年前よりわんことにゃんこが地球の存亡を懸けた壮絶な戦いを繰り広げていたのだという話。前編。アバンの「地球に迫る危機」のハッタリが面白かった。ハッタリをかますのは銀魂の得意なところ?昔のアニメっぽいよな、と思うのですけど私はそういう「昔のアニメ」を一度も見た事が無いというのが妙なところであります。イメージのみで抱いた感想なのです。まぁそれはどうでもいい。この回では定春の胃の影~エリザベスの中に影のくだりが大好きです。エリザベスの影は「ああやっぱり…」と思うと同時に少々のショックを与えられましたね。原作感想の時も書いた気がするけど、ほんっと白々しいほどオッさんだなぁ…。あの体型、高松元監督がモデルだったりして。

神楽&桂という珍しい取り合わせの掛け合いを存分に楽みました。今までも掛け合いが無かった訳ではありませんが、コンビで動くという事は無かったのでどこか新鮮さも手伝って面白い。肉球の魅力に取り憑かれてなんだかホワーンしてる桂が可愛かったなぁ…。それはそうと、星喰が他の生物に寄生して遺伝子を操作して凶悪化する…というイメージ映像に一瞬某デスメタルバンドのヴォーカルみたいな人が見えた気がしたんですけど、気のせいでしょうかね?


■Cパート「教えて!銀八先生」
天知英秋さんからの質問。そうか神楽のあのEDはスタジオ撮影だったのか!いやぁ納得です!
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-24 14:24 | 銀魂活画(アニメ)

<< DVDシーズン其ノ参第3巻 感想 潮江先輩つばを飛ばさないでください >>