第二百三十五訓 チューペットを二つに分ける時は

あの持つトコある奴の方がなんかイイ あそこから飲むのもオツ(ここまでがタイトル)


今週号で週刊少年ジャンプが通産二〇〇〇号突破だそうです。おめでとふ!
企画群の中の銀魂ファンとしての押さえどこは、空知先生の直筆サイン色紙プレゼントですね。
表紙をめくったところにも描き下ろしのちっちゃい銀さんが隠れてます。

それと村田先生描き下ろしの特大両面ポスター第二弾。また来ちゃったよ永久保存版モノがー!
海賊船編の方で村田先生画の新八・桂・エリザベスが見られます。
神田(Dグレ)の刀を「甘いわ」と華麗に受け止めるエリーが素敵すぎる。

絵としての素晴らしさも勿論、今回もまたキャラのチョイスに村田先生の趣味が見えて面白いです。
日暮とか笑ったわ…!ああフーミンとめそもいるよぅああ(感激) トリコがボンチューに見えたのは内緒。

では今週の銀魂の簡易感想です。





全ては沖田の自作自演、地愚蔵と沖田はグルでした。ああ、珍しく予想が当たってた。先週沖田のモノローグが入ったせいで弱気になってたんですが、まさかモノローグまで演技だったとはなぁ。そこまでやられたら読者は為す術もありません。ううむ、この先どういう状況になっても油断できなくなりましたね…。まぁこのシリーズは最初から微妙にハズレた設定やら舞台装置で進んでいたので、予想の付けようはあったんです。目覚めた時土方に状況説明したのは沖田でしたからね。土方をここまで連れて来るために昏倒させたのも沖田だったのかもしれない。何にしてもこれドSとかからかうってレベルじゃねーぞ!土方さんご愁傷様でした。

●悪趣味な遊びの次なるターゲットにされそうなのは銀さん。面白そうだけど、まずノせるのが難しそう。

●ヒロくんは沖田の友達の引きこもりオタだったようです。

●「チューパット」はチューペットの事ですね。昔はよく食べたものです。懐かしい夏の味です。
[PR]

by shougetu16 | 2008-11-02 15:17 | 銀魂感想(本誌)

<< 忍/た/MAD漁り・その十六 第130話「猫好きと犬好きは相... >>