アニメ第136話「己の居場所は己で作るものなり」

今から病院行かにゃならんので取り急ぎ感想です。





■アバン
お馴染みのBGオンリーで万事屋のぶっちゃけトーク。不測の事態ってそういうそれですか。「去年は日本シリーズで放送が一回分潰れて予定が狂ったから、今年はそれを想定して一本少なく作っておいたら…」ってそういうそれですか不測の事態って!いつもアングルが万事屋の外観から一ミリも動かないぶっちゃけトーク中ですが、銀さんが「今日は動く」と言った時点でどう動くかは予想できたのに、笑ってしまいました。思いのほか勢いが良かったものだから…。なにあの外周回るスピード。

■本編
ついにたまねぎ剣士となり果てた長谷川さんの為に、銀さんとかぶき町の救世主(メシア)が家探し。単行本未収録回をアニメ化という、これまでに無いパターンの話です。長谷川さんの宿無し姿、音楽が付いたらなんかもう言葉では言い表せない気持ちでいっぱいになりました。連れている犬が可愛いのが余計に哀切さを煽る…。この回の銀さん・長谷川さん・不動さんの掛け合いがすごく好きです。アバズレ部屋の血の飛び方が物凄いリアルだったなぁ。ノイズによるホラー演出も本気で恐い…。最後投げっぱなしだったオチをよりホラー仕立てで完成させたのも良かったです。画面にカーテンの「ノボル」の字が映るたびにシュールさを感じてヘラヘラ笑っていたのですけど、このラストのお蔭で笑えなくなった。

■エンディング
スタッフクレジットに「ノボル」の文字が・・・!

■次回予告
サンタのオッさんだ!さっちゃんだ!嬉しいなあ。
[PR]

by shougetu16 | 2008-12-12 12:14 | 銀魂活画(アニメ)

<< 学園の外でヘムが鳴く 彼を知らずして己れを知れば一勝一負す >>