『落乱』第三十八巻・三十九巻購入(微バレ注意)

こんなの見つけました↓原作入門に良いかもと思ったのでご紹介。

【ニコニコ動画】【RKRN】原作4コマまんが 詰め合わせ
シュールな笑いを誘うネタから心がほんのりあったかくなるちょっと良い話まで。コミックス巻末に収録されているおまけ四コマ漫画集です。もうね、読むと幸せになります。みんな愛しいにも程がある。小松田さん&出茂鹿くんネタがやや多目です。お気に入りは「がんばれ!きり丸」。


落第忍者乱太郎 38 (あさひコミックス)

尼子 騒兵衛 / 朝日新聞社

・第1章「だれも知らない人だから の段」
・第2章「みんなで応援したいけど の段」
・第3章「いろいろ事情があるんです の段」
表紙きれいだ。裏表紙は鉢屋三郎&不破雷蔵コンビ。鉢屋って二巻からいるのね。内容はアニメで言うと、十五期「謎の辻狩り」~「学園長の知り合い」、「忍者のスカウトマン」~「小松田秀作の不思議」、「斉藤タカ丸の編入」~「さち子2世ごめん」。全てのエピソードが細部で噛み合った綿密な構成。「桂男の術(かつらおのじゅつ)」は色んな意味でややこしい…。桂男と言えば、月に住むと言われる「桂男(かつらおとこ)」という妖怪がいるけど、名前の由来で関係あったりするのかしら。桂は月に生えているとも言われる木ですし、忍術って風流な名前のものも多いですよね。「雨鳥の術」「水月の術」「螢火の術」とか趣が詩歌的。小松田さんが学園を辞めるかもしれないと知って寂しがる一年は組にきゅんとしました。喜三太なんか泣きそうじゃ…(´∀`*)ヘッポコ事務員と罵られながらもこの愛されよう、やっぱり人柄なんだなぁと思います。出茂鹿くんも好きですけど。見所は何と言っても吉野先生のツンデレでしょう。これぞ王道!先生かわいいよ先生。

<メモ>
・タカ丸初登場巻。茶髪。カラーは四十一巻の裏表紙が初でしょうか。
・単行本六冊買ってやっと“くの一”たちに遭遇できました。
・頑張るヘッポコ事務員さんがあまりにも可愛い。吉野先生の気持ちがよくわかります。
・たった四ページのあいだに八回も顔が変わる鉢屋先輩。
・長次のアサガオから大量にとれたという種。間違いの宿題でも、大事に育てたんだね…。

<ピックアップ>
・ホニャララ持った文次郎
e0002518_20324955.jpg
数あるポケもん動画の元ネタこれかぁぁぁ!! じゃあデジカメ持ったら・・・



落第忍者乱太郎 (39) (あさひコミックス)

尼子 騒兵衛 / 朝日新聞社

・第1章「不注意者といわれます の段」
・第2章「わからないのが問題だ の段」
・第3章「学園長の大ピンチ の段」
・番外編 忍術学園4コマ劇場
裏表紙は殺し屋の海松万寿烏(みるますからす)&土寿烏(どすからす)コンビ。内容はアニメで言うと十五期「危険なアルバイト」~「クサイ忍者」、「二人の元ガールフレンド」、「盗賊の勘違い」、「田楽豆腐の出店」など。(「退屈しのぎの段」は番外編の四コマから作られたみたいです。)こちらも複数の事件が同時に巻き起こる非常に密度の高いストーリー。アニメではかなり細かく分解されたんだなぁ。始めの強盗のアルバイトの話以外ほぼ原型を留めていません。お蔭でこうして原作漫画を読む事へのお得感がありますね。しかし照星さん格好良いなー。虎若が憧れてやまないのも頷ける。この人ではしょうがない。

<メモ>
・照星さん初登場巻。名前の由来が火縄銃の照準器というのがまたカッコイイ。
・そういえば梅干の種の中身って食べた事ないや。若い実の種は毒を含むので注意。
・「ムチムチプリン」て久々に聞きました。
・いつも何してんだかわからない影の薄い火薬委員会。
・何か飛んできたらとりあえず「文次郎ッレシーブだ!!」な小平太。人間でバレーしてはいけません。
・風魔流忍術学校の山野金太先生&六年生の錫高野与四郎先輩はアニメ未登場キャラ?

<ピックアップ>
・忍術学園の制服のハカマの謎
e0002518_20342884.jpg
ハカマの脇のナゾって一体?そしてその真相とは!気になったらコミックス買ってね。団蔵男前。

・与四郎先輩のなまり
e0002518_20371478.jpg
きり丸達も思わずズッコケる難解さ。喜三太は相模国の風魔流忍術学校からの転校生なので、当たり前に理解しているようです。風魔の拠点の足柄山は神奈川(旧相模国)西部なので、与四郎先輩が使っている言葉は神奈川の中でも特に西部の方言なのかなと思ったんですが、わ、わかんねえ…!神奈川にもこんなコッテコテのいかにも方言らしい方言があったとは!うちも一応西部なんだけど、もっと静岡寄りじゃないといけないのかな?他のページには「おー喜三太じゃんかー」とか「行くべー!!」とか耳慣れた言い回しもあってちょっと安心した…。

ちなみに忍術学園が建っているのは近畿地方のどこかだそうで、一年は組の子たちも喜三太(足柄山付近?)と金吾(鎌倉)を除いて全員が近畿出身だったと思います。
[PR]

by shougetu16 | 2008-12-20 13:40 | 忍たま・落乱

<< 忍たま一月の放送予定+アニメ感想 アニメ第137話 二本立て >>