忍たま一月の放送予定+アニメ感想

一月五日からは第十六期が再放送される予定だそうです。(公式ページより)

一月二日午後六時半~のセレクション放送も、第十六期から「勉強がしたいの段」「狙われた金楽寺の段」を放送との事。個人的にはもっと初期を…五期・六期あたりを見たかったんですけど、十六期も見逃した回が多いし録画もろくにできなかったので好機と思う事にします。「勉強がしたいの段」とか未だに見られていないのです(藤内がメインなんでしたっけ)。十六期もう見た人も見られなかった人も、みんな見てね。土曜日は引き続き十期の再放送。


■十二月二十日 「父ちゃんのすごさの段」(再)
猪名寺家最高。乱太郎も父ちゃんも母ちゃんも大好き。もー見ているだけで幸せです…。

++++++++++++++++++++

■「作法委員の段」
小平太が暴君って呼ばれてるのって多分この話のせいだと思う。だよね?あれは小平太悪いよ!(笑)悪意は無いにしてもアタックのとき無駄に回転して無駄に威力上げてましたからね。いつもはいつもでまぁ問題あるもののあんな良いお兄ちゃんなのに、何故こういう時に限ってジャイアンに…!そもそもデケデケ廊下を走ってたしんべヱと喜三太もいけないけどね!何ら落ち度のない兵太夫が不憫だよ!乱太郎の絵が上手くて手先が器用って特技がスケット団のボッスンみたいだなぁと思いました。

■「勇気を持ちたいの段」
好きな話人気投票十位。いぶ鬼と金吾のあまりのめんこさに泣きました。めんこくて泣くって初めてですよ。すっごい可愛いお話だった…ああ思い出すだけでなんだかまた涙目に…。一年生ズって歳のわりに言動が結構しっかりしていて、大人相手に対等に渡り合えるくらいに胆も据わっているんですよね。けどこの回では怒られるのが恐くて逃げ出してしまうという、とても弱弱しい、良い意味でも悪い意味でも子供っぽい姿を見せています。勇気を持てないまましょんぼりと川原に座り込んで、謝らなきゃ謝らなきゃと必死に悩むんです。このいたいけなさが堪らない…。木の蔭から二人の様子を見守る保護者さん達がまた素敵。やがて疲れて眠ってしまったいぶ鬼と金吾、二人を覗き込む魔界之先生と土井先生、ふんわり優しくてあったかい空気にこの上なく癒されました。ああ、ありがとう忍たま。
[PR]

by shougetu16 | 2008-12-22 15:12 | 忍たま・落乱

<< 作業用BGM漁り 『落乱』第三十八巻・三十九巻購... >>