アニメ第138話「時には昔の話をしようか」

二〇〇八年最後の放送。今週の火曜、ブリーチにチャンネルを回してみたら釘宮さんが本気で喘ぎまくっていました。今週あのシーンという事は・・・前回は出産もしたんだろうか。

※十二月二十六日 追記しました。





(アニメ感想)

■アバン
あれチャンネル間違ったかな?これまた無駄に本気作画です。残念ながら元ネタが分からないのですが、極道の妻的なのは何となく…。金丸君が突然英語喋りだしたところで盛大に吹いた。

■本編
冒頭、巫女さんを出すならなぜ阿音百音姉妹を出してくれないんだろうと思いました。

掃除中に新八と神楽が見付けた一枚の写真をきっかけに、銀さんが万事屋の古き良き時代の思い出を語りだす。金丸君ら旧万事屋メンバーのあまりのクオリティの高さに見入ってまた忍たまの前半を見逃してしまいました。くっ、牧之介は一体どういう経緯で戸部先生と果し合いの約束を取り付けたんだ!それはさておき、柳生編や芙蓉編などの過去の名シーンを旧万事屋メンバーで再現するアレはサービスなんだか何だか分からないな!感動的な?場面が色々台無しに…。シティーハンターの主題歌「Get Wild」が流れ出すところでテンション上がります。この曲良いよなあー。曲と演出は格好良いのに写真の内容がダメダメっていうギャップがまた良い・・・合コンしてる銀さんの写真どれか一枚欲しいですよ。最後の、床にバラ撒かれた写真の「今年も色々あったね」的な演出が年末っぽかった。今年だけじゃなく一年目・二年目のカットやミツバ姉さん・伊東先生ら故人のカットもあって、原作の「万事屋周辺のこの一年」な感じとはちょっと違った、「銀魂のこれまで」っぽいアニメ流の締め括りでした。


現万事屋三人組のみかんの食べ方に個性が出ていて面白かったです。

神楽…一個まるごとを一口で食べる
銀さん…半分か四分の一くらいをまとめて食べる
新八…ひと房ずつ丁寧にスジをとってから食べる

みかんの皮のむき方にも個性が出るそうですが、そういえば皮を見るの忘れてたなぁ。あとでまたチェックしようかなと思いましたが、全員定番のあの花の形っぽくなるむき方してたような気がする・・・。それ以外のむき方と言うと、例えばボロボロ千切ったり、りんごみたいにぐるぐる回してむいたりとか。今回キャラが細かく動いていて楽しかったですね。作監は竹内さんですか。


■Cパート
銀さんと新八の出会いのシーンを新八⇔金丸君で再現。また「Get Wild」が流れ出して、新八の時とはまた印象がガラリと変わってなんだかスタイリッシュな感じに…。あのBGMのままEDに突入するかと思ってちょっとドキドキしました。「I、愛、会い」は今回で聞き納めです。

■エンディング
相変わらずいい仕事してくれる!この曲最後なのにこんなんでいいのかとは思ったけど!

■次回予告
新年は「吉原炎上編」からスタート、シリーズに登場する新キャラの顔出し。あのキャラクターが喋りましたね。手前の貧相な耳では誰の声か分からなかったんですけど・・・とりあえず男性声優さんのようで良かった。私の勝手なイメージでは→【神威の声は、ジャンプで初登場した翌週から浪川大輔さんで想像していました。理由はにこやかなキャラを演じてらっしゃる事が多いのでそのまんまのイメージで。声質が柔らかなので容姿にも合っているし、反面ブラックさも充分出してくれるかなと。】一応反転させときました。

追記(反転):神威の声、日野聡さんという説が有力のようです。二~三回くらいしか聞いたことないけどNARUTOでサイやってる人でしょうか。ああ、確かにどこか似たところのある二人かもしれない…。しかも日野さんて釘宮さんとよく主役格で共演されてる方?だとか。


※今回の作業BGM
今日も忍者のたまごで。非公式?ながら原作者本人の選曲による例のキャラクターイメージソング集(用具委員長と会計委員長の曲がカッコイイ。やけに色っぽいチョイスをなさる先生のセンスに脱帽…お蔭で良い妄想ができました!仙蔵のサラ・ブライトマンも予想外だったけど和訳すごい良かった。)と、これ↓

【ニコニコ動画】【忍たMAD】らくらん仮想キャラソンメドレー②【作業用】
順番:鈴木千尋→金丸淳一→浪川大輔→下野紘→成田剣→置鮎龍太郎→アンコール(敬称・キャラ名略)「金丸」繋がりで、と無理にこじつけてみる。金丸さん英語ぺらっぺらで素敵。旧万事屋ツッコミポジションの金丸君も金丸さんが演じてくれても良かった!メドレーのトリは置鮎さんですが、これもやっぱり作業向けじゃありませんでした。ヒーローものっぽい曲調好きですけど笑ってしまって集中できなない…(笑)。また文章ガタガタになってる予感。
[PR]

by shougetu16 | 2008-12-25 21:00 | 銀魂活画(アニメ)

<< 心を読むランプのおっさん アニメ魍魎の匣 第十二話「脳髄の事」 >>