アニメ第141話「喧嘩の横槍は危険」

こないだから妹がインフルエンザです。我が家初インフルエンザです。自分も気を付けます。





(アニメ感想)

■オープニング
先週からEDの神威の覆面が取られていたのを見て「もしかしたらOPも…」と思ったんですが、そのままでした。

■本編
はちきれピーチ三太夫の爆乳も、神威VS鳳仙のバトルの作画もはちきれていてすごかったです。夜兎族同士のバトルはこれまでの戦闘シーンとは明らかに違った迫力を感じました。もう動きからして違う…。若かりし日の星海坊主殿とかラストに阿伏兎を吹っ飛ばしてペッとやる神楽とか格好良すぎて、やんちゃな上司にヤレヤレなオーラを出しながらどこか楽しそうな阿伏兎とか味がありすぎて、夜兎族ヒャッホウな感じです。それぞれのキャラが楽しい。それにしても大塚さんの阿伏兎似合うなぁ。見ているとなんだか自然と笑顔に・心が穏やかになってくるのですが何だこれ。云業の事も忘れません。あの人もきっと常識を弁えた良い人だったに違いないのです。そして新八の女装(?)は常に可愛い。

東プロデューサーのコラムに「DVDとは違うバージョンで放映される事も」と書いてあったのが気になります。今までで言うと動乱編の流血追加とか、キン肉バスター痴漢事件のパンツとかがその「違うバージョン」になるのでしょうか。DVDでは追加要素を期待しても良いのかもしれません。
[PR]

by shougetu16 | 2009-01-24 14:52 | 銀魂活画(アニメ)

<< 敵お尻 尾の身を塩レバーたくさ... 十六期再放送 簡易感想・その四 >>