敵お尻 尾の身を塩レバーたくさん笑うカラス


e0002518_1339617.jpg

コミックス第四十巻・百五十七ページの三コマ目をアニメ(っぽい)タッチにしてみる。
潮江先輩の胸と腰が気になってしょうがなかった。ムラムラしてやった。


言うなれば「忍たま風落乱」「落乱の忍たまパロ」という感じでしょうか。
先週に再放送された十六期の「深夜のドクたまの段」にあたる場面ですね。
アニメではストーリー変換の都合から状況・登場キャラクター・セリフ等が大分違っています。

現在ネット滞在時間を少なくしているので、その代わりの気分転換にちまちま描いてました。
と言ってもキャラの頭部を差し替えただけみたいなもんですが。
寒さでペンが滑りまくりです。もっと部屋をあったかくしてからやれば良かったなぁ。


アニメをよく確認しなかったので皆の顔の再現度とか少々怪しいです けど


e0002518_2133562.jpg

掴み合った後だから肌蹴ているのか、それとも普段からこんななのか?


昨日からなんだか頭の前の方がズキズキ痛むんですけど、違うよな…
インフルでエンザなあれとは違う…よな……
[PR]

by shougetu16 | 2009-01-26 13:40 | 忍たま・落乱

<< 090129 日々の中の銀魂 アニメ第141話「喧嘩の横槍は危険」 >>