アニメ第142話「人生は選択肢の連続」

壮絶でした。最近簡易気味ですが更に簡易気味です。





(アニメ感想)

■本編
アニ銀の本気きた。もうまさしく人外な神楽と阿伏兎の動きが格好良すぎる。過去最高に生々しくて痛々しい戦いだったと思います。しかもただ血みどろで恐いだけじゃなく、お互い派手によく吹っ飛ばされるので見ていてどこか痛快でもあるのです。いやしかし、神楽の腕グニャっと物凄い曲がり方したな…!釘宮さんの絶叫がまた凄い効きますね。神楽のイッた表情にも尋常じゃない動きにも出血の量にもゾクゾクさせられました。血なんかよりも何よりも、神楽の豹変が最も残酷でショックな事です。この絶望感、救いようの無さ。夕方六時にここまで容赦無い描写をするか…!

阿伏兎も月詠もセリフがちょいと長いのが多少気にはなりますが、あの夜兎族VS夜兎族が観られたので大満足。そして大塚さん、素晴らしい阿伏兎をありがとう。最後の一言にグッと来ました。今回も本当に声優陣の迫真の演技が素晴らしかったです。


※ジャンプ掲載時の当時の感想は下の「吉原炎上編」タグからどうぞ。ざっと見直そうとしたらタイトルの話数が間違っていて色々メチャクチャで戦慄しました。修正したのでこれでオーケイ…なはず。
[PR]

by shougetu16 | 2009-01-29 21:30 | 銀魂活画(アニメ)

<< 十六期再放送 簡易感想・その五 090129 日々の中の銀魂 >>