『落乱』第三十七巻購入(ネタバレ注意)

四十二巻と一緒に届いていた三十七巻の感想…の前に、原作布教MADの紹介です。

【ニコニコ動画】原作風に12期ED+おまけ(線だけの16期OP後半部分)
アニメ十二期EDを原作絵で再現した作品。十二期以降の登場キャラも補完されています。これは和む…!こういうのを見ると『落第忍者乱太郎』のアニメが見たくなりますね。『忍たま』とは一味違う、シュールでシビアでちょっとブラックな『落乱』のアニメ。墓場鬼太郎みたいに深夜とかに週一でもいいからやってくれないかな。

落第忍者乱太郎 (37) (あさひコミックス)

尼子 騒兵衛 / 朝日新聞社

・第1章「宿題バラバラ事件 の段」
・第2章「忍の道の落とし穴 の段」
・第3章「失敗作に似ています の段」
・第4章「ウワサは誰にも止められない の段」
・第5章「ムシなんてもうウンザリだ の段」
裏表紙は一年い組の優等生・伝七&左吉コンビ。左吉が蠍座A型で私と一緒です。内容はアニメで言うと十四期「別々の宿題の段」~「小松田君を戻せの段」、「ナメクジを奪った兵の段」~「隊長の怒りの段」、「忍者の三病の段」、「忍者の三禁の段」、十五期「予算会議の乱の段」など。十四期はリアルタイムで見ていなかったので知らないエピソードが幾つか。一つ一つのネタはアニメで大体拾われているようなんですが、筋書きが全く違っていました。バラバラの宿題、高学年用の宿題がどれも死んでもおかしくないような課題ばかりで、過去に命を落とした生徒とかいそうで怖いなぁ…。全体を通して見ても、戦国時代や忍者の世界のシビアさを感じさせる内容。忍者は結果がすべてという斜堂先生の言葉にハッとさせられます。頑張ったから良いというものではなく、手抜きをしてでもズルをしてでも結果を出すことが忍者にとって重要。また普通は美徳とされる“優しさ”も、忍者にとっては「禁」となってしまう。ギャグというオブラートに包まれた作風から見え隠れするのは、そんな厳しさでした。

<メモ>
・カバー折り返しの舳丸と重が格好良い
・きさんた・・・(´;ω;`)
・十四ページ二コマ目の長次が可愛すぎる
・しんべヱは「はごろもの術」を会得した!
・意外なところに四十二巻への伏線が。四十二巻買えて良かった…
・立花先輩 いたいけな十歳児相手に生首ジョークはキツすぎます
・城や砦で普段草むしりをしてはいけない理由
・這いずり回って泳いで飛んだりするヤツはなんでも食えるって野生の理屈だなぁ
・土井先生・・・(´;ω;`)

<ピックアップ>
e0002518_11585564.jpg
なんだか無性に切ないですこれ。
[PR]

by shougetu16 | 2009-02-26 12:09 | 忍たま・落乱

<< アニメ第146話「昼間に飲む酒... 『銀魂』単行本第二十七巻 感想 >>