絵本『らくだいにんじゃらんたろう』シリーズ

地元の公民館の図書館で『らくだいにんじゃらんたろう』の絵本を読んできました。

らくだいにんじゃ らんたろう (こどもおはなしランド)

尼子 騒兵衛 / ポプラ社


絵本なのでもちろん幼年向け。絵と文は尼子先生でコミックスと同じタッチです。小さいころ公民館でよくこの絵本シリーズを読んでいまして、懐かしさのあまり十冊くらいを熟読してきました。そうだそうだ、絵本だと大木雅之助先生が一年は組の担任なんだった…!所々はっきりと憶えている場面があるのがまた嬉しくて楽しいんですよね。それに本の手触りとか、ページの端がちょっと破れてるのとか…「これ昔読んだ時から既にあった!」と思い出しては感激しまくり。乱太郎・きり丸・しんべヱが忍者屋敷を脱出する話が特に大好きだったんですが、今読んでみてもやっぱりこれが一番好きだなーと思いました。

らくだいにんじゃらんたろう にんじゃやしききょーふのおるすばん! (こどもおはなしランド)

尼子 騒兵衛 / ポプラ社


忍者屋敷のカラクリとかロマンですよ!また割とシビアで現実的な忍の世界を描いているコミックスの方とは違い、絵本は妖怪や幽霊といったバケモノの類が出てきたり、呪文を唱えるとドロンと姿が消える術があったりとちょっぴりファンシーな世界観になっています。『らくだいにんじゃらんたろう』の世界は子どもの冒険心をくすぐる楽しい要素がいっぱいです。

絵本も欲しいので前から探しているんですけど、これもその辺の本屋に置いてないんですよね…。こないだ見付けた落乱全巻揃えてある本屋では、全巻揃っている事のあまりの嬉しさに舞い上がって絵本探すのをすっかり忘れていました。このバカタレめ。公民館はシリーズ全部揃えられていないのが残念です。半分も無かったかもしれない。置いてあった中で一番新しかったのはこれ。↓

らくだいにんじゃらんたろう にんタマ三人ぐみのこれぞにんじゃの大運動会だ!? (こどもおはなしランド)

尼子 騒兵衛 / ポプラ社


久々知が「豆腐小僧」と呼ばれる所以がここに。手に取ってパラパラ捲っていたら、長次の身体中をムカデが這い回っている凄い絵が出てきてたまげました。これは…マニアックすぎんべ…!





大木先生の「髭剃りが下手」っていう設定 絵本にもあったっけかな?
※※下方ネタバレ&グロ注意※※

e0002518_10402761.jpg

[PR]

by shougetu16 | 2009-03-07 16:49 | 忍たま・落乱

<< 十六期再放送 簡易感想その七+... アニメ第147話 「全ての大人... >>