アニメ第148話「チャックはゆっくり引きあげろ」

久しぶりに新しい靴を買いに行きました。サイズは24、5のつもりだったんですが、店員さんに薦められたのは25、5でした。この歳になっていつの間に成長していたんでしょうか。メーカーによっての違いもあるとはいえオラびっくらこいたぞ。


(アニメ感想)

■本編
パトロール中何者かに拉致監禁された土方と沖田(去年の文通編以来の登場)が、「地愚蔵」と名乗る謎の男から命をかけたゲームを提案される前後編。ウチでは「SAW編」と呼ぶ事にします。とてもシリアスっぽい導入なのに、タイトルw

中井さんのヘタレ全開演技が聞いていて楽しかったです。「動揺を悟られては」とか全く動揺隠せてませんよ汗ものっすごいですよ土方さん。どこからどう見てもテンパりまくりです。死の恐怖ってここまで人を情けなくというか、脆くさせるものなんですね。恐ろしいです。土方の独り相撲がちょっと落ち着いたところで、いよいよ沖田との本当の心理戦がスタート。ところがお互いの思考がシンクロし過ぎて事態は膠着。本当に仲良いなぁ君達。「お前は俺の友達だ」とか本来ならとても熱い良いセリフの筈なんですが、こういうセリフがこんなにもドス黒く聞こえる事があるとは思いもしませんでした。なんとまぁ複雑怪奇な心理を描いているのでしょうか。まさに空知マジック。次回への引きもなかなかイイです。面白い所で切りましたね。


■エンディング
地愚蔵…というかヒロくんのお母さんの役名が「虚無」。何気にこれが今回1番のヒットです。
[PR]

by shougetu16 | 2009-03-13 21:48 | 銀魂活画(アニメ)

<< 十六期再放送 簡易感想その八 『落乱』第三十三巻・三十四巻購... >>