アニメ第149話「チューパットを二つに分ける時は

あの持つトコある奴の方がなんかイイ あそこから飲むのもオツ」(ここまでがタイトル)
もしくは「チューパットを二つに分ける時は切り口がある方がイイ あそこから飲むのが普通」

久しく口にしていない懐かしのアイス。





(アニメ感想)

■アバン
期待通り地愚蔵が前回までのあらすじのナレーションしてくれました。

■本編
銀魂的SAWの後編。衝撃の結末と脱力のネタばらし。ハイという訳で、全ては沖田の仕込み・自作自演でした。ギャグパートの土方と沖田の掛け合いがすごく面白かったです。中井さんの「あわばばばばばあぶっあぶすあぶねェェェェェ!!」の言い方なんか最高だった…!

実は地愚蔵(その正体はファミ通を愛読する引きこもり学生・ヒロくん)とグルだった沖田。一仕事終えたあとの黒い笑顔が恐ろしい…。これ、仕掛ける本人も相当キツいドッキリだったと思います。土方をからかうためだけに自分まで三日間飲まず食わずの同じ目に遭わなきゃいけないなんて割に合うのかなぁ。そこまでしてでも土方の周章狼狽する姿を見たいってのがドS根性ってもんなんでしょうか。沖田の事だから食料くらいこっそり隠し持っていたりしたかもしれません。そうは言ってもあれ、厠で用足せないとか風呂に入れないとかだってキッツいよなぁ。ああでも、沖田は用足したあと手を洗わない神経の持ち主だから衛生面もあまり問題では無いのかな。アニメで細かい事は気にしちゃいけないですね。

オリジナル会話パートはほぼ全てチューパットネタを展開させたもの。これが上手かったです。さり気なくてしかもめっさ下らない(褒め言葉)。「チューパットは凍らせて食べる派」沖田「チューパットは冷やして飲む派」土方の妙に熱のこもったチューパット談義は聞いていてかなり楽しかったなぁ。自分も会話に参加したくなりましたあれは。こういう、ものの”楽しみ方”とか”こだわり”って人を熱くさせる何かがあるみたいですね…。しかもチューパットからさらに発展させて土方と沖田にちくびちくび連呼させた挙句「ちくびは吸うためにある」とか言わせちゃうんですからね。すごいよえらいこっちゃだよ銀魂。

※ちなみにワタクシはチューペットは凍らせて食べる派です。凍るのが待ちきれなくてそのまま飲む事もありましたが、凍らせた方が甘さがさっぱりしていて良いです。持つトコはあってもなくてもどうでもいい。二つに折ったのを一人で食べる場合 両方いっぺんに食い始めれば、溶け始めても手がベタベタにならないで済みます。

■エンディング
仮面が完全に剥がされていました。(「地愚蔵→ヒロくん」、「虚無→ヒロくんのお母さん」)
今回の絵良いなぁと思ったら、竹内さんが作監補佐をされていました。
[PR]

by shougetu16 | 2009-03-20 18:09 | 銀魂活画(アニメ)

<< よーしみんなおいで お兄ちゃん... 『落乱』第三十一巻・三十二巻購... >>