カテゴリ:忍たま・落乱( 120 )

地味に発見

落乱四十五巻、一八六ページの二コマめ。
与四郎先輩ばっかり見ていたので、何度か読んでも気付かなかったんですけど。



e0002518_16583345.jpg



↓ ↓

拡大。e0002518_1715360.jpg



ニョロニョロだ・・・。(しかもちょっと動いている)



六十ページ一コマめではしんべヱが雑炊の鍋からおたまですくってたり
六十一ページ二コマめでは与四郎先輩が食ってたりしますが、
(あと一九〇ページで諸泉尊奈門くんが食っているのもニョロニョロっぽい気がする)
こうして地面から生えている本来の姿(?)で発見したのは初めてかもしれない。

どうやら落乱の世界にはニョロニョロが普通に生息しているらしいですね…
四十五巻の他の場面でも「隠れニョロニョロ」を発見したという方は是非教えてください。
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-29 17:08 | 忍たま・落乱

『落乱』第四十五巻購入(盛大ネタバレ注意)

先に銀魂二十八巻の感想上げるつもりだったんですけど、こっちがあまりにニヤニヤする内容でガーッと勢いで感想書き終わってしまいました。(もうすぐ大型連休なので銀魂関連のネタも一気にできるかなと思います。)今回もみっしり濃密で読み応えありました。


落第忍者乱太郎 45 (あさひコミックス) (あさひコミックス)

尼子 騒兵衛 / 朝日新聞出版

・第1章「暗殺者を追いかけての段」
・第2章「中庭には危険がいっぱいの段」
・第3章「あの鐘を鳴らすのは誰だの段」
・番外編「くせ者まんが」

裏表紙は風魔流忍術学校の六年生・錫高野与四郎先輩です。普通に制服で出てくるとばかり思っていたら白装束の行者姿で見た瞬間本気でドキッとした…。「34巻で1コマ登場」ってことは、三四巻の二〇八ページの風魔忍者隊で一人だけ顔が描かれていたのがやっぱり与四郎先輩だったのかな。方言丸出しでいつも笑顔の大らか~な好青年ですが、この四十五巻ではなんだかウラもありそうな素振りも見せたりして一気に魅力が深まっていました。

※原作者選曲の風魔のイメージソング⇒中/島/み/ゆ/き サバイバル・ロード (ようつべより)
とてもシビアな曲です。歌詞も聞きようによっては忍者っぽいかも。何気なく相手に近づいて油断させて罠に嵌めてすっと闇に消えるイメージ。

本編はちょっと珍しいくらいにバトル・アクションが多かったです。テンポ良いし色んなキャラが出てきたし(本当に多かった)、ポーズとか構図がいちいち格好良くて見惚れてしまいます。コマのひとつひとつが一枚絵としての完成度高いんだよなぁ。四年生大活躍(特に綾部は初の大舞台?)でしたけど、個人的には与四郎先輩と団蔵に惚れた巻でした。二人ともかっこよすぎんべー!

e0002518_0553437.jpg
e0002518_057345.jpg
喜三太(*´д`*)

続きを読む>>
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-28 01:04 | 忍たま・落乱

いーか喜三太 よーく聞くだーよー

e0002518_12331994.jpg
訳:「大層悪賢い奴が学園長を狙っているから気を付けなさい、と言ってくれ
喜三太 お前もまごついているとやられるぞ」


方言キャラいいですね…それも東北弁や九州弁ではなくあえて神奈川弁(方言としてはマイナー)(神奈川にも方言があると思っていない地元民すらいる)なところが素敵。親近感もりもりです。与四郎先輩のセリフの訳ですが、あんな↑感じだと思います多分。「ねめてっから」「でーじにさっしゃい」「ひねられるだーよ」とかはすぐに分かったけど「すすでー」「まごらまごら」は初耳でした。「おめしか」はググっても結局分からんかっただーよ。流れからすると「お前から」もしくは「くれぐれも」かな?

■「お供えドロボウの段」「忍者マニアの段」「甲賀聞冥老子の段」
金楽寺の和尚様の元へお使いに行くことになった乱太郎・きり丸・しんべヱ。その道中、お地蔵様のお供えのおにぎりをドロボーしたおじさん忍者&忍者マニアの少年と出会う。●やっぱり、こういう三人組が変な人達と関わっちゃう系の昔ながらのパターンの話が一番好きだなぁ。このエピソードも面白かったです。おじさん忍者役は青山穣さん。初めて声を聞いたのが『銀魂』の人斬り似蔵だったのでそれからずっと渋いイメージを持っていたんですけど、ゲーマー星人といいこのおじさん忍者といい、コメディでギャグキャラやらせてもすごく上手い人ですね!イイなぁ。●正しい頭巾の巻き方は是非一度実践してみたいです。でも適当な長さの布が手近に無いんだよな。●火曜日のイラストコーナーの伊作が上手い。

■「狙われた学園長の段」「山田先生の洗濯物の段」
またまた忍術学園にやって来た出茂鹿之介。そのこれまでとは別人のような好青年ぶりに戸惑う一年は組。一方 喜三太は土井先生・山田先生と一緒に、風魔流忍術学校の先輩から「学園長の命を狙っている奴がいる」との情報を受け取る。●錫高野与四郎先輩(CV.私市敦さん)がアニメ初登場。喜三太がもと籍を置いていた風魔流忍術学校の六年生です。落乱最新刊で大活躍していて丁度熱がきていたところだったので、不意打ちの登場にややテンション上がりました。あの場面カットされるかと思ってたから…。あずき色っぽい制服は学年カラーでしょうか。●喜三太かわいいよ喜三太。●小松田さん「今年の風邪は顔を崩すんですか!?」ってそんな訳ないでしょあほの子め!(愛)鼻声かわいい。●土井先生「あのドクアジロガサ忍者なかなか洗濯上手ですね」って何ですかその主夫目線なコメント。でもあのドクアジロガサ忍者さんは本当に家政夫さんとかの方が向いている気がしました。お掃除スキルも異様に高い。●山田先生を追いかける伝子さんの図がシュールでした。

土曜日はまた録画できませんでした。以上十七期四週目の感想でした。
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-26 13:00 | 忍たま・落乱

風魔の与四郎先輩

e0002518_1217441.jpg

四十五巻の与四郎先輩が格好良かったので(同郷の誼もあり)さっと描いてみました。
この格好、御行奉為(おんぎょうしたてまつる)って言わせたくなるなぁ。

しかも昨日のアニメでついに初登場してましたね与四郎先輩。
キャストは私市敦さんでした。銀魂では№1ホスト本城狂死郎(八郎)役の方です。
ものっすごい訛りで喋る田舎っぽいキャラなので、やや太めの男臭い声を想像していたのですが
思いのほか甘い声だったじゃあないですか…!

という訳で、数日前に発売された『落乱』最新四十五巻入手しました。
近いうちに感想アップしたいと思います。その前に『銀魂』二十八巻の感想もですね。
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-24 12:21 | 忍たま・落乱

けっこう楽しんでおられるみたいです

e0002518_1651251.jpg十七期第三週の感想です。

原作と対応させられそうな適当な場面がなかったんですけど、とりあえず販促画像を貼ってみる。キクラゲ城の危機を救ったのは落乱(四十四巻)だとこんなメンバーでした。→

公式サイトの放送予定見たら、再来週くらいに綾部メイン回?くるっぽいですね。うん、一度くらいはメイン張ったって当然のキャラだろうと思います。特にキャスト的な意味で。なんせ石田彰さんだもの。

■「忠実な家来の段」「よけいな演技の段」「忍者のさがの段」
突庵望太さんが忍術学園を訪ねてきた。彼の話からキクラゲ城の危機を知った乱太郎・きり丸・しんべヱは、土井先生・山田先生と共に突庵さんの案内でキクラゲ城へ向かう。。●与ヱ門さんの意外なノリの良さが好きです。●久しぶりの乱子ちゃん、すっごく可愛かった!乱子ちゃんはパチ恵と一,二を争うくらいに好きな女装キャラであります。私的にはこの二人が最強です。(偶然か蓋然か、二人ともメガネっ娘だ…)半子さんの美しさはもはや嫉妬するレベル。ですが、つまみ食いするしん子ちゃんのほっぺたに付いたごはん粒を取って食べる姿にお父さんを見ました。あの困り顔は紛れもなくお父さんです。女装してても溢れる父性。なんで未だ独身なのかなぁ…仕事柄出会いが無いんでしょうけど。●スッポンの動きがきもいです。

■「八方斎と炭の段」
庄左ヱ門の実家の炭屋へ社会見学にきた一年は組。そこへ八方斎が大量の炭を注文しにやって来た。●十期のキノコ谷の宴会を彷彿とさせるオチでした。八方斎かわいいよ八方斎。●当時使われた黒色火薬は木炭と硫黄と硝酸カリウム(硝石)の混合物である…と何度も土井先生の授業受けたのでばっちりです!(化学式までは憶えてないけど)

■「さびしいしんべヱのパパの段」
実家から「トラにかまれた すぐかえれ」という急ぎの手紙が届き、パパが大怪我をしたと驚いて家に飛んで帰るしんべヱ。ところが実はパパが息子の気を引こうとして大袈裟に手紙を送っただけと知り、しんべヱは怒ってしまう。●パパさんの身を案じて大泣きしながら家に走り帰るしんべヱにものっそきゅう~んとしました。うう、この子にらはいつまでもこうあって欲しいです…。猪名寺家も最高ですけど福富家も可愛い微笑ましい一家ですね~。●最近のしんべヱは本当に強くなりましたね。原作の初期読んでると心底そう思います。

■「兵太夫のカラクリの段」」(十一期再放送)
兵太夫ドS疑惑浮上、むしろドS確定回。好きなお話人気投票上位の人気エピソードで私も好きな話なんですけど、録画セットしていくのを忘れてしまいました。ああ、また見たかったのになぁ。●カラクリ部屋っていかにも子どもウケしそうな、冒険心をくすぐる舞台ですよね。怖いけど行ってみたい。それであちこちいじってみたい。すんごい楽しそうだなー。


関係ないけど追記:フィギュアスケートの浅田選手の今期プログラム、本当格好良かったです。
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-19 17:26 | 忍たま・落乱

MAD漁り・その二十三

銀魂本編ってどこでどうやったら見られるのー!!?

見られないのでこんなん見てました。↓


【RKRN】にっんげっんさーん
じょろじょろ委員会。一年生の良い子達が生き物の不思議について質問しているようです。
ほのぼの癒し系だけど何気に歌詞がエグい。このギャップがイイ。

【忍/た/M/A/D】ひどいよ!鉢屋さん(改)【手描き】
タイトルにホイホイされました。鉢屋とうすた作品ってどうしてこんなに相性良いんだろう。

【RKRN手描き】五/月/女/ケ/イ/子風によさんかいぎ
これぞシュールレアリズムという名の芸術だ。
シリーズ化熱望・・・!

[忍/た/M/A/D] 落第忍者(原作)版 「予算会議の乱」
タイトル通り、人気エピソードを使った販促動画。音声消せばそのまんま…です。
三十七巻だから四年前くらい?の刊行ですね。
原作はみんな男前で可愛くて堪らなくて読んでていつも「うきゃああああああ」となります。
絵柄もキャラデザもアニメとは雰囲気がかなーり違っていて、
髪色や髪型どころか顔付きそのもの・性格まで違っているキャラが幾人もいます。
アニメしか知らない人も一度『落乱』読んでみてくださいー。

私が思う原作絵の特徴
・主線が太い。
・人物や風景の捉え方が日本画チック。
・アニメに比べてキャラの等身が低い(特に低学年キャラ)。
・高学年以上(の年齢)のキャラはみんな結構がっしり体型。
・髪の毛とか指がえろい。
・しかも着物の胸元がガバッと開いていてけしからん。
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-14 13:09 | 忍たま・落乱

さっそく作戦開始よ!

e0002518_224037.jpg

十七期二週目の感想です。今週は兵庫水軍の鯨捕り。


■「カメ子が来た理由の段」
兵庫水軍まで鯨の買いつけに行く途中 忍術学園の学園長の元を訪ねたカメ子ら福富屋一行。話を聞いた学園長は自分も鯨の肉が食べたいと言い出し、一年は組全員で兵庫水軍までお使いに行く事になったのだが、何か裏がありそうで…。この鯨捕りの話が先となるとあの話はどうなるのかな?【長次の「カメちゃん」呼び】は是非とも別の機会にお願いしたい!(原作微バレにつき反転)●小松田さんは天使。●しんべヱがカメちゃんのほっぺをふにっとやるところがカンワイイです。●みんながわいわいお祝いしている水軍館の外で一人ぽつんと体育座りで俯く鬼さん…。なんかすっごい可哀相な子みたいだよ。いや可哀相だよ。●鯨は当時(室町時代)上品な食べ物の最高ランクに位置付けられており、都の貴族への進物用として扱われるくらいの高級珍味だったそうです。鯨肉が広く庶民の口にも入るようになったのは江戸時代後期…一八〇〇年代くらいからみたいですね。そういえば鯨って食べた事無いなぁ。最近の小学校の給食のメニューにも復活してるんでしたっけ?いま日本の捕鯨が外国から問題視されていますが、まずは日本人自身が日本の捕鯨文化の歴史を知るべき…だと思います。

■「鯨捕りの段」「ヘンテコ鯨の段」
兵庫水軍&忍術学園vsドクタケ新型軍船&ヤケアトツムタケ忍者。いよいよ鯨捕りの開始です。●包丁咥えて海に潜る舳丸(みよしまる)の兄貴がカッコ良すぎる。ものっすごい久しぶりの出番でしたがキャスト変わってなくて良かったです。蜉蝣(かげろう)さんはもしかすると声変わってたかな?●山田先生のウミニョウボウの扮装は色が付くと強烈!●義丸の兄貴カコイイ。小松田さんとは打って変わった勇ましいたくみさんも素敵でした~。●古式捕鯨に関する詳しい説明シーンは大方カットされ、専門用語なども易しい言葉に言い換えられていました。(そうすると歴史や文化の匂いが薄まってしまうのがちょっと残念。)蜉蝣さんや義丸の兄貴が当たり前のように「影太夫」「義太夫」などと呼ばれていましたがそれについての説明も一切無かったので、原作を参照しながらちょこっと補足。鯨捕りをする何艘かの「勢子船(せこぶね)」でそれぞれ船長を務める者の事を「刃刺(はざし)」(銛を打つ役目)と言い、刃刺は太夫名を名乗るのだそうです。「太夫」というのは最高位の遊女の事でもありますが、辞書を引いてみると、能や浄瑠璃や歌舞伎などの”格式の高い芸人の事”もそう言う。のだとか。当時の捕鯨は命懸けだっただけに、それにかける誇りも高かったのでしょうね。格好良いよ海の男。

■「軽業師になるの段」
バレバレな変装に気付かないってのは子供向けアニメではお約束のパターンなのでツッコミ入れるのなんてナンセンスだと思うのですが、今回ばかりはきり丸にツッコみたい。なぜ気づかない!(笑)変装も何もそのまんま照代だったじゃん!ただ衣装が違って男言葉使ってただけじゃん!いいのかあんなんで!●照代さんはどんな格好しても可愛い。

■「大切な箱の段」
録画失敗した。

金曜日って呪われてるのかしら。

■「沖で魚釣りの段」(十一期再放送)
小松田さん…おばか!
愛しすぎて泣けるよもう 何なのあの可愛い生き物はァァァ!●兵庫水軍さんのお茶目なシーン。何の訓練をしているのか分かりませんがこれまたヤンチャで愛しいお兄さん・おじさん達ですね。お頭の水玉浮き輪がキュートです。●後半の急展開に目を瞠りました。あれはしんべヱじゃなくても泣くところ。きり丸は本当に見上げた馬鹿、いや見上げたどケチだ…!
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-11 22:45 | 忍たま・落乱

不破雷蔵あるところ…鉢屋三郎ありさ!

e0002518_12492282.jpg

十七期一週目の感想です。

■「蔵廻りの智吉さんの段」「桶がわ抜きの術の段」「横車押ヱ門の段」
校外オリエンテーリングの最中、一軒の屋敷の様子を伺っている蔵廻りの智吉さんと会った乱太郎・きり丸・しんべヱ。話を聞くと、この屋敷に住んでいるらしい娘さんにある男の代わりに恋文を届けてあげたいと言うのだが…。智吉さんいいキャラですね。結構ロマンティストなのかな?●茶店できり丸に奢ることになった乱太郎としんべヱの「やれやれ」な表情が良いなぁ。●「子どもCィーーー!!!」のツッコミが素敵。●殆ど役に立たないものを敵に投げ付ける三人組。(しかも届いてない。)忍たまのお約束です。●先生の声がした方と見当違いな方を向く三人組。これもお約束。

■「里芋行者の結婚の段」
最近結婚したという里芋行者さんに学園長先生からのお祝いの品を持っていくことになった乱太郎たち。軽業や幻術の見世物小屋が立ち並ぶ賑やかな雰囲気が良い感じ。時代の匂いが感じられて好きな場面です。●長次の女装イメージキタコレ。今週一番楽しみにしていたのがこれだったりします。いやいや、『別々の宿題の段』の文次郎よりずっと似合ってたよ!女装は忍たまキャラの登竜門ですな。●雷蔵・三郎コンビは休日もいつも一緒なんですかね?私服もお揃いどころかポーズとか表情とかまばたきのタイミングまでシンクロしてますよ。どこからどう見ても双子ちゃん。鉢屋はミスマイタケ城嬢より背高いんですね。二人で並んでいるカットはかなりスラッとして見えたなぁ。

■「利吉の仕事を見学の段」
録画予約失敗した。

■「食堂のスペシャルランチの段」(十一期再放送)
冒頭のショートコントのヘムヘムが可愛いです。●一年は組の手裏剣が普通にまっすぐ飛んで普通に的に当たっているちょっと不思議な話。特になんでもないシーンなんですけどなんか気になりました。●ドクタケのお殿様のお馬さんはいつ何度見てもシュール…です…。●「ストーン?」に噴いた。
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-05 12:48 | 忍たま・落乱

『落乱』第二十九巻・三十巻購入(ネタバレ注意)

もう二十四巻まで買ってあるんですけどなかなか感想書けませなんだで。


落第忍者乱太郎 (29) (あさひコミックス)

尼子 騒兵衛 / 朝日新聞社

・第1章「見なかったことにしませんか の段」
・第2章「遠足コースで運だめし の段」
・第3章「運がいいのかわるいのか の段」
・第4章「地の利も勝利も我にあり の段」
・第5章「もどりたいのにもどれない の段」
・第6章「なぜかいきなり海へゴー の段」
・第7章「だれかに似てるこの妖怪 の段」
・第8章「そして平和は守られた の段」

裏表紙は忍術学園くの一教室教師・山本シナ先生です。背表紙もシナ先生。内容はアニメで言うと十期「カメ子の相談の段」~「学園長のフィギュアの段」、「校外学習のお知らせの段」~「3つのコースの段」、「ドクタケのサバイバルの段」~「木の葉隠れしずぎの段」など。この巻では「忍術学園一ギンギンに忍者している男」「戦う会計委員長」こと六年い組の潮江文次郎先輩がさり気な~く初登場でした。あまりにもさり気なさ過ぎて(殆どモブだったので)スルーしそうでした。アニメだと六期(もう十一年前)初登場で六年生の中では初期メンバーだったんですが、原作では実は一番の新参(?)だったみたい。内容は大きく分けると<運試し遠足編><トモカヅキ編>ですね。水軍VSトモカヅキは海の妖怪の話もたくさん出てくるので、妖怪好きとしても興味深い一編でした。アニメの方も面白かったのでまた見たいなぁ。十期は最近再放送されたばかりなのでもう暫く(年単位で)見られないでしょうけど…。

<メモ>
・見付けにくい『お知らせ』は小松田さんの故意なのか過失なのか
・故意としたら先生に言われた通りにってことかなぁ
・遠足に行くことになった面々がワイワイガヤガヤしてるコマの人口密度が素敵
・「決断力のある方向オンチ」こと三年ろ組・神崎左門先輩が初登場
・不運小僧…風雲小僧…ふ・ウンコ・ぞ~?
・兵庫水軍の義丸(よしまる)、舳丸(みよしまる)、重(しげ)、網問(あとい)が初登場

<ピックアップ>妖怪”七人ミサキ”
e0002518_11154591.jpg
道で遭うミサキは人に取り憑き、海で遭うミサキは船に取り憑く。そうしてミサキの一人が成仏すると、憑かれて死んだ者が新たにミサキに加わる。同種の集団亡霊で「七人同行(シチニンドウギョウ)」「七人童子(シチニンドウジ)」というものが現れる地域もあるそうな。船乗りは忌み言葉や縁起にとても気を使う習慣で、勇ましい海賊さん達でさえ縁起の悪い言葉には顔をしかめるようです。なんとなく『沙石集』の一編を思い出しましたよ。便船に乗りに来た坊さんが船頭相手に「風早」だの「こぼれる」だの「引っ繰り返る」だの忌み言葉を連発してからかう話。なかなかユーモラスなお話で面白いなぁと思いました。作文。



落第忍者乱太郎 (30) (あさひコミックス)

尼子 騒兵衛 / 朝日新聞社

・第1章「あやしい注文だれがした の段」
・第2章「花の名所にとどけ物 の段」
・第3章「笑っているのもいまのうち の段」
・第4章「基本が大事というけれど の段」
・第5章「敵のねらいはどこにある の段」
・第6章「実戦経験積んでます の段」
・第7章「先生のいない見学会 の段」
・第8章「みんなで穴を掘りましょう の段」

裏表紙は忍術学園剣術師範・戸部新左ヱ門先生。内容はアニメで言うと十期「学園長の家庭訪問の段」~「低みの見物の段」、「友人のひ孫の段」~「復習の落書きの段」、「ドクたまの招待の段」~「謎の忍者たちの段」など。見学会のエピソードはアニメ見てない…と思います。突庵くんと照代さんが教育実習に来る話も。これがたぶんあれだなぁ、ニコ動で断片的に見た、小松田さんが夜中に半目でふらふら見回りしてる場面が入ってるエピソードだろうなぁ。見たいなぁ…。というか突庵くんは何気に私と同い年ですかね?唯一アニメも見ているのはキノコ谷の宴会のエピソード。小松田さんのアホ可愛さ全★開★でした。

<メモ>
・青虫もちが実に気色悪い…!
・せっせとしんべヱの耳かきをする土井先生にお父さんを見た
・教育実習生として突庵望太くん、北石照代さんが初登場
・毛虫捕りのあと小松田さんだけボコボコになってますね
・清八が「へい」とか「ですぜ」と言ってると、中の人繋がりで沖田を思い出します
・山田先生のはじき玉カッコイイ
・単身で敵の包囲網を突破できるトモミちゃんカッコイイ
・ジャンケンで公平に決めるのはいいけどしんべヱにだけは台所当番は任しちゃいけない

<ピックアップ>
e0002518_111595.jpg
団蔵の父ちゃんの愛馬は能一傑号(のういっけつごう)、清八の愛馬は異界妖号(いかいようごう)というそうです。アニメでは「コレステロール号」と言っていました。
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-03 11:16 | 忍たま・落乱

忍たま新シリーズのOP&ED

e0002518_17404013.jpg

お馴染みの「勇気100%」ももう四代目ですかー。
十七期からのOPを担当するのはHey!Sey!JUMPの皆さん。
これ、音が結構オリジナル(原曲)に近い…?ですかね。そんな感じがしました。

EDはOPと同じくHey!Sey!JUMPの「夢色」。ウッハウハでした。にんたま愛してる…!
折り紙のアニメーションも中々凝ってたしカラフルで良かったですね~。背景の和柄も素敵。
視聴者ハガキコーナーのダジャレ絵も健在でした。(歯が黄色→歯が黄→ハガキ)

あ、上の絵は関係無いですけど十期『カメ子の突然…の段』の原作風です。
仲良くさせていただいている銀魂ブログさんが先週のアニメの高杉にみなぎりまくりのご様子なので
うちでも最近みなぎったものを描いてみました。惚れてまうやろー!!の場面。
背景までは手が回らなくて誤魔化しました。(アニメでは海がロマンチックに輝いていました)
[PR]

by shougetu16 | 2009-03-31 17:44 | 忍たま・落乱