カテゴリ:忍たま・落乱( 120 )

学園の外でヘムが鳴く

開腹した訳ではありませんが初めて手術室に入りました。もっとよく見ておけば良かったなぁ。昨夜は何故だか眠れなくて、昨日起床してからまだ一睡もしていません。なんとか寝ようと粘ったのですが、今朝五時五十分頃に諦めて活動開始しました。ギンギンに寝不足です。だけど今は不思議と眠くない…

■十二月六日 「魔界之小路の悩みの段」(再)
金楽寺へのお使いの帰り道の乱太郎・きり丸・しんべヱ・小松田は、何やら物思う表情で崖っぷちに立つ魔界之小路先生を見かける。聞けば新設された忍者養成学校の先生にならないかとスカウトされ、迷っているのだと言う(あらすじ)。話を聞く前に帰ろうとする小松田さんの前にススス~と移動して通せんぼする魔界之先生に吹きました。何だあの不思議な動き…!ドクタケ忍術教室より好条件で魅力的だけど、今の教え子達の事を思うと…と散々悩んでいたのに、ドクたま達に後押しする声を掛けられて、その気持ちを察してふっと割り切れるのが大人だなぁと思う。なのに「向こうの城では通販禁止だったから」という理由であっさりドクタケ城に戻って来ちゃう先生が大好きです。サッパリしてるなぁ。何気に”よく眠るブタ”が可愛い。

■十二月八日 「小銭の音の段」(再)
■十二月九日 「ジャンケンポンを追え!の段」(再)
■十二月十日 「忍たま海を渡る?の段」(再)

金楽寺の和尚様が、寺の鐘を盗まれたと学園長に相談しているのを聞いた乱太郎・きり丸・しんべヱ。きり丸は街で拾ったビタ銭と関係あるのではと踏み、乱太郎達は街へ調査に行く(あらすじ)。たくみさんがとりっぴぃ声で「ニャ」とか言うシリーズ…もとい、ビタ銭を明へ持ち出そうと悪巧みする悪党を乱きりしんが活躍して捕まえるお話。「ビタ銭は質が悪い」という知識だけは持っていたのですが、何故質が悪いと言われるのか・何故価値が低いのか・どういう風にして造られるのか、という事は全く知らなかったので勉強になりました。当時は明から輸入した貨幣がそのまま使われていたのね。で、それの型を取って鋳物の要領で造られた物がビタ銭。本物ではないけど通用する、けれど本物より価値は下がると。イミテーションみたいなものか。頑張った三人組を山田先生・土井先生が「よくやったなぁ」とか「えらいぞ」って褒めるのがすごく素敵です。ああああ良いなぁこの雰囲気。そういう場面じゃないのになんだか泣きそう…。

■十二月十一日 「ここ掘れヘムヘムの段」(再)
これはめっさ憶えてる。うひゃ~~懐かしい…!この話は当時も大好きでした。乱太郎達の楽しそうな歌が印象深かったのかな。ヘムヘムのいかにも面倒臭そうな顔とか、学園長が溜めに溜めて「ワシの足袋」と暴露する場面の”間”の使い方とかも色々とツボです。いくらなんでも足袋はナイでしょう足袋は!ああ分かっているのに笑ってしまう。乱太郎達が歌っていたのは唱歌の「はなさかじいさん」の替え歌でしょうか。合唱なんかしちゃって微笑ましいったらないです。めんこくて堪らないよ皆。オチはまた「ヘムヘムの勝ち」ですね。学園長の突然の思い付きは発想が可愛いと思う。


++++++++++++++++++++

e0002518_9121183.jpg

【火車剣】は手裏剣に火縄を巻き付けたもの。火縄に点火してから打って、照明用や時限放火用に使われたという。これはカッコ良かったです。『図説・日本武器集成』に載っているのは十字手裏剣タイプでしたが、仙蔵が使っていたあの形は六方手裏剣…と言うのかなぁ。
[PR]

by shougetu16 | 2008-12-13 09:36 | 忍たま・落乱

彼を知らずして己れを知れば一勝一負す

昨日の忍たまも面白かったです。笑った笑った。


e0002518_845346.jpg
セクシータンクトップ第二弾です(なぜかシリーズ化)(第一弾はけま)。手裏剣と並び創作などでもお馴染みの忍具・苦無。手裏剣のように投げたり手に持って武器としたりするだけでなく、石垣に穿って登器としたり、火打ち鉄としても使われたという。小平太はよく穴を掘るのに使ってますね。

ところで、今回参考にした『図説・日本武器集成』という本があるのですが

図説・日本武器集成―決定版 (歴史群像シリーズ)

学研


刀槍・弓矢・鉄砲・手裏剣から変わり武器まで、日本で使われた様々な武器を解説した本。「名称・構造から用法・威力まで徹底解説」とオビで煽られていました通り、見応えだけじゃなく読み応えも結構あります。しかも実物の写真や参考資料全てがオールカラーという武器好きに嬉しい一冊。(武器が好きというか、いろんな武器を観賞するのが好きです。)

で、苦無の本物の写真を見ようと思って、忍具の章を開いて何気なくページの下の方を見たら、「P104~P105はすべて尼子騒兵衛氏蔵」と書かれているのを発見してびっくり。き、気付かなかった…!よくよく見れば手裏剣類も苦無も忍び刀も、火器も登器も壊器も隠し武器も忍装束も、資料写真すべてが尼子先生所蔵のもの。しかも解説文まで尼子先生だったという。見れば目次にもきちんと書いてあったのに、今の今まで気付きませんでした。おわぁ。すごいなぁ、主要な忍具がみんな手元にあるんですね…。時代考証のための文献資料に、作画の参考となる実物。それらの徹底した参考資料によって、より確かな作品が出来上がるのだなぁと深く感じたのでした。

※尼子騒兵衛…漫画家。『落第忍者乱太郎』の作者。
[PR]

by shougetu16 | 2008-12-12 12:02 | 忍たま・落乱

アエラの落乱特集を立ち読み

『AERA』今月号の落乱特集を立ち読みしてきました。

■イケメン忍者に「萌え」  『落第忍者乱太郎』人気に異変
(↑なんだか恥ずかしい特集タイトル。)全一ページの特集です。仙蔵が兵太夫に首実検の作法の練習用に生首を拾っておいたから これで練習しようねとキッツいブラックジョークを飛ばしているページの写真が添えられていました。さすがS法委員長め!これは何巻の場面だろう。

四十巻を過ぎた辺りから、『落乱』が異様な売れ行きを見せている…という書き出し。「こんな売れ方は初めて」とは都内大型書店の店員談だそうですが、そうなら何故うちの近くの本屋は何処も置いてくれないんだろう。生活圏内だけに留まらず横浜や渋谷でも探したというのに。最近 本屋業界が不況と聞きますが、本屋に欲しい本が置いてないからネットショップに頼らざるを得なくなるんだよぅ。もっと充実した品揃えをお願いします。

若い女性からの人気の理由として、どうやら六年生が活躍しだした頃から売れ行きが伸び出しているようだ…という着眼点の記事でした。今までの購入層は親子連れが多かったが云々~は特に耳新しい話ではありませんでしたが、同人人気は昔からあって、サークル数も幼年向けアニメとしては異例の多さとかいう話は初めて知りました。そんなにすごいんだ…。ファンによる「聖地巡り」の件も初耳。上級生は兵庫県の尼崎市の地名が苗字の由来となっているキャラクターが多く、その名前の付いた施設などを訪れる事をそう言うのだそうです。銀魂ファンにとっての洞爺湖みたいなものか。例に挙げられていた七松八幡神社潮江公園の他にも、中在家○○とか立花○○とか食満○○みたいな場所があるんだろうか。(ググってみたら”善法寺遺跡”というのがある事が分かりました。)と、ものすごい六年生寄りの内容でしたけど、私は忍たまの萌えキャラと言ったら小松田さんとお頭だろうと思っています。異論は認める。


ああ、ジャンプはまだ売っていないかと探したんですけど、もう置いてませんでした。涙目。
[PR]

by shougetu16 | 2008-12-05 22:18 | 忍たま・落乱

山田先生の女装を見るくらいなら私が女装してきます

『AERA』という雑誌の十二月一日発売号で落乱の特集が組まれているそうで、気になっています。とりあえず【雑誌のページ】に行って確認してみたら、タイトルが…(笑)!これ、正に私の事なんだろうなぁ。でも女性人気は今に始まった事ではなく、昔から高かったそうですね。劇場版も断然女性客が多かったらしいですし。ちなみに私好みのルックスをしているのは厚着先生、魔界之先生、疾風さん、文次郎です(←このメンツに違和感無く溶け込む十五歳)。

■十二月一日 「盗まれた馬の段」(再)
■十二月二日 「帰ってきた馬の段」(再)
■十二月三日 「どっちがおいしい?の段」(再)

団蔵の実家から馬が全て盗まれたという急報が入る。大急ぎで家へ帰る団蔵と追いかける一年は組達だが、実はそれは先生と団蔵の実家と城とが協力した新しいスタイルの実践型テストだった(あらすじ)。これは庄左ヱ門と団蔵が味噌汁の具で喧嘩してるシーンが頭に残ってたなぁ。山崎たくみさんが城兵役で三役くらい演じてらっしゃいましたね。一度に凛々しい声とオッさん声とイガってる声を聞けるなんて贅沢。最近モブでよく出演されていて嬉しい限りです。それはともかく、半子が美しくて吹きました。なんという不意打ち!どういう思考回路ですか、というかノリノリですね土井先生!美人度なら仙子と良い勝負なんじゃないかと思います。仙子を良家のお嬢様タイプとするなら、半子は町娘タイプという感じだろうか。(ついでに言うと、本命女装キャラは乱子ちゃんです。あんな可愛い女装は他に見た事が無い。)遁法の「珍事出来開閉門の術」は単行本の四十四巻で見たのですぐ分かった!これはなんだか嬉しい…。

++++++++++++++++++++

まったりとらくがき。
e0002518_1640965.jpg
十六期「本当のリーダーシップの段」より。お頭の真の姿に感激するあまり、当時の感想では三人のこの状態ついて触れるのをすっかり忘れていました。ツッコミどころだったのに。(【当時の感想】短め。)この回しんべヱがすごく可愛かったんです。困った先輩達だねぇまったく。川に流されるしんべヱを助けようとする文次郎と食満が走って・川に落っこちて・泳いで、体力切れしたところへしんべヱが「先輩つかまってください!」とすいすいバックしてくる所は笑いました。一年生に助けられる熱血武闘派二人、という逆転図が皮肉っぽくて面白かったなぁ。どんどん流されていってる間もしんべヱの方がずっと落ち着いてたし、先輩達を励ましてさえいました。最近のしんべヱには何かと感心させられる。
[PR]

by shougetu16 | 2008-12-04 17:18 | 忍たま・落乱

『落乱』第四十巻・四十一巻購入(微バレ注意)

単行本を買う順番ですが、始めに一番新しい巻を買っちゃったので、そこから遡って買っていく事にしました。後ろからなら後ろから順番でないと何となく気持ちの収まりが悪い気がするのです。何事も順に行ふのが善い(by久保竣公)。昔に読んだところへはいつ行き着くかなぁ。ちなみに、前回買った分との間の四十二巻が抜けてしまっているのは在庫が無かったせいです。さてどうしよう。


  • 落第忍者乱太郎 (40) (あさひコミックス)
  • 尼子 騒兵衛 / 朝日新聞社

  • ・第1章「一年い組を助けだせ! の段」
    ・第2章「ずっと前から出ています の段」
    ・第3章「臨海学校でお勉強 の段」
裏表紙はドクたま四人組。内容はアニメで言うと「怪しい老人の段」~「屋敷を爆破するの段」「真夜中の委員会の段」~「用具委員長初登場の段」「深夜のドクたまの段」~「水軍の作法の段」です。アニメではどれも独立したエピソードなんですけど、原作では全てのエピソードが一冊の中で繋がっていて、一つのストーリーになっているんですね。怪しい老人の調査もアヒルさんボート転覆も深夜のドクたま訪問も、元はみんなひと繋がりだったんだ。それがアニメ化に際して複数のエピソードに分解されて、独立した一話完結回が作られたりする様です。「一年い組が捕まったの段」「古い日記の段」「暑くてたまらんの段」などがそれにあたるのかな?それと、登場キャラクターやセリフの変更がやたら多いのに驚きました。アニメでは色々省かれてるのね。

<メモ>
・食満が初登場…もとい九年ぶりの再登場を果たした巻。
文次郎の寝間着の胸元に目が釘付けです。めっさ肌蹴とる。先生達も肌蹴とる。
・魔界之先生が間違って買ったラッコにはちゃんと名前が付けられていました。
・原作の綾部は無表情キャラ。
・「ナメクジを生で飲むと声が良くなる」という迷信は初めて聞きました。室町時代の迷信?



  • 落第忍者乱太郎 41 (41) (あさひコミックス)
  • 尼子 騒兵衛 / 朝日新聞出版

  • ・第一章「事件はいつもバイトからの段」
    ・第二章「みんなで陽気にもみじ狩りの段」
    ・第三章「がんばれ負けるな委員会の段」
裏表紙は斉藤幸隆・タカ丸父子。内容は「飯加玄南が来たの段」~「新野先生を助けろの段」「再び玄南くんの段」~「霞うちわの術の段」「委員会活動停止の段」~「保健委員会ののろしの段」。となると四十巻~四十二巻の内容がアニメ十六期にあたるのかな?灰洲井溝・飯加玄南師弟がとっても微笑ましかったです。「師匠」「おるすばんしてろといっただろう」「おフロに二回も」「いつもはあれほどいやがるのに そうかエライエライ」の遣り取りに心底和みました。玄南君かわいいなぁ。バッチイけど。純粋で素直な良い子なんでしょうねぇ…。

<メモ>
・イナゴは二・三日絶食させて糞を全部出させてから調理。なるほどなるほど。
・スッポンタケは良い匂いのする食べられるキノコでした。
・「人間髪型がイケてないと気分まで落ち込むものだよ」byタカ丸
・秀作はアニメでは兄を「優作兄ちゃん」と呼んでいるけど、原作では「お兄ちゃん」呼び。



「落乱の絵がどツボだ!」というお話は前回もしました。あの時はキャラクター造形…というか“髪の毛”ばかりをピックアップしていたので、今回は落乱世界を盛り上げる“背景”に注目してみました。


e0002518_16235081.jpg
忍タマ長屋。廊下や屋根の木目までが丹念に描き込まれています。

e0002518_16241364.jpg
乱太郎の実家付近の、のどかな田んぼ道。稲の束がとてもきれい。

e0002518_16245090.jpg
もみじ谷のもみじ。トーンのようになった紅葉が画面によく映えます。

e0002518_16253218.jpg
水の表現は多彩で、波や流れのある無し・緩急などで何パターンもの描き分けがあります。
これは流れの速い川。効果的な線や飛沫が浮世絵チック。

細密で力強い。コマの一つ一つが楽しくて、何と言うか一枚の絵画のように魅せる力があるような。殺風景なコマというものがおよそ見当たらないのです。例えば特に面白みの無いただの壁でも、ヤモリが一匹描き加えられただけで賑やかになる。画面全体がすごく充実しているのは、背景が丁寧だからってだけじゃなく、一コマあたりの人口密度が高いからというのもあるかもしれません。一コマに十人とか、多い場合は十四人とかがみっしり詰まっているコマがたくさんあります。なのにとッ散かった印象にならないのは、キャラの配置とかベタの割合とか、構成のバランスが優れているからなんだろうなぁ。

++++++++++++++++++++

e0002518_16352984.jpg
地味に一番ツボったのがこのギャグでした。小学生脳ヤッホー!
[PR]

by shougetu16 | 2008-12-01 16:58 | 忍たま・落乱

美しい…!

■十一月二十七日 「ヘムヘムの勝ち!の段」(再)
「全国うつし絵協会会長」という一発キャラらしきおじさんが出てくるんですけど、その人がいきなりやたらに良い声で喋り始めたのでびっくりしましました。キャストを見たら小杉十郎太さんでした。何故このキャラに小杉さんを…!?(以前 赤毛のアンさんに大塚忠芳さん、名も無き忍者に子安武人さんという配役を見た時も同様に思いました。)それはさて置き、こういう風に乱太郎・きり丸・しんべヱが「裏々山キノコ協同組合」とか「やまびこ愛好会」?みたいな独自的すぎる会の人達と関わる系の話好きです。しかも薄っすらと昔に見た憶えもあるような…。三人組がおじさんに○拓をいっぱい見せられてるシーンとか…。大抵は内容忘れてしまってるんですけど、たまに「流れ橋の石」の話みたいにオチまでしっかり記憶している事もあるので、そういう回は当時の感覚も僅かに甦ってきてこの上なく楽しいです。

■十一月二十八日 「桃栗三年柿八年の段」(再)
こっちにも小杉さん出てた(やっぱり一期一会な感じで)!ストーリーはわらしべ長者でした。わらしべ長者ネタは作品問わず好きだなぁ。なんかワクワクするし夢があるよね!ところで、この頃の忍たまはよくオチに三十分番組時代のアイキャッチ(「♪に~んに~んにんたま!」っていうやつ)と同じBGMが流れるんですけど、あのBGMいつから使われなくなったんでしょう?このBGM付きのオチを見るとすごくホッとするんです。何だか「ああ~忍たま見たなぁ」っていう気分になります。

++++++++++++++++++++

タカ丸初登場シリーズの感想。十五期始めの、ちょうど視聴再開した頃の話です。

■「謎の辻刈りの段」
冒頭に本人の妄想によるハンサム乱太郎が登場。ハ、ハンサムすぎる!超かっけぇ…!手裏剣投げたあと「ふっ!!」と振り向いてキラーと髪がなびいた瞬間笑い倒れました。無駄によく動くしなぁ。「ハンサムな…の段」や十六期のハンサム作画とはまた違うタッチですね。どちらかと言うと少女マンガっぽいような。それはともかく、猪名寺家が最高に好きです。理想の家族像がここにある…。

■「七個のツムジの段」
■「敵、それとも見方?の段」
■「学園長の知り合いの段」

この三回の区切れ目がよく思い出せないのでまとめて感想書きます。学園に編入してからのタカ丸はとても人懐っこい感じですが、この頃は少々口が悪かったのね。「辻刈り」な自分を演出しようと意図的に悪ぶっていたんだったら面白いと思います。お茶目パパさんも素敵。十六期の「飯加玄南がきた」~のシリーズで、変な顔の男を華麗に尾行する姿に惚れました。「抜け忍」っていう響きが格好良い、と思うのは思考が小学生だからでしょうか。おじいちゃんが何処の城の忍者だったのか分かる時は来るのかな?一方、門での小松田VS牧之介。小事務員強い!自称・剣豪をホウキ一本で片付けるなんて!というか牧之介はなんでこんなに弱いんだ。そもそも刀すら持っていないのは何故だ。小松田さんの「忍術学園の事務員をなめるなよ!」のキメ台詞も素敵でしたが、だめぇっ!に大変萌えました。学園内に押し入ろうとする牧之介に一撃加えた際に発せられた一言です。事務員のホウキ攻撃かわいすぎる(*´∀`*)

++++++++++++++++++++

e0002518_15275746.jpg
さち子がうろ覚えですいません。超ド級のナルシスト自称アイドルの武器オタク穴掘り小僧カリスマ髪結いとやたら濃いキャラ揃いの四年生。三木ヱ門は滝夜叉丸と同じくらいに古株のキャラクターなんですが、視聴再開するまでその存在をスッカリ忘れていました。滝のインパクトが強過ぎるのかも知らん。綾部は数年前から登場していた様ですが、今期に初めて見ました。なので、私の中ではタカ丸よりも新しいキャラです。あの日本画調の髪は一度描くと癖になります。忍たま落描きは短時間で出来てしかも殆ど失敗しないんでめっさ楽しい。
[PR]

by shougetu16 | 2008-11-29 16:24 | 忍たま・落乱

ウマかよ。

忍たまと銀魂は音響監督が同じという事に気付いた。音響監督とは、声優のキャスティング等をする人の事だそうです。なんか、妙に納得しました。配役の惜しみなさとか。(【ウィキペディア】音響監督)あと、忍たま関連記事は今までみんなまとめて「私的瑣談」カテゴリに入れていたのですが、記事が増えてきたので「忍たま・落乱」カテゴリを新設しました。今までの記事も移動させようか考え中です。

e0002518_10402925.jpg
ノートの落描き・食満先輩のつもりはありませんシリーズ。これはあまりにも汚い。
※「アヒルに乗るぜ!」仮想キャラソン⇒【ニコニコ動画】リズムに乗る食満


■「怪しい老人の段」
きり丸・しんべヱ・土井先生が見た怪しい老人。この件がホラーチックで本気で少し恐かったです。こういう怪談実際にあると思うのですが…!そういえばホリック一期の百物語の回で、四月一日が辻に差し掛かるたびに同じ男と擦れ違ったという実体験を話すアニメオリジナルシーンがあったような。ところで、一年い組に負けじと調査に出発した一年は組は、先生の引率無しでどうやって小松田さんを誤魔化したのでしょうか。

■「怪しい屋敷の段」
団蔵の袴姿が珍しい。そして私服姿の厚着先生があまりにも素敵でドキッとしました。ちょ、出番少なくて喋ってるところ見るのも初めてだったから完全ノーマークだった!超渋い格好良い!まさかまだこの様な伏兵がいたとは…。伝子さん(本人曰く「視聴者サービス」)も全く期待を裏切りませんな。

■「伝子と利子の段」
ご近所の子供達に扮して無邪気に遊ぶ一年は組+土井先生の様子が、平和で微笑ましくて堪りませぬ。それから、厚着先生と伝子さんから目が離せません。ムーディな伝子さん様BGMのせいで何やらいかがわしい雰囲気さえ感じるのは私だけでしょうか。だって伝子さんがいちいち色っぽくしな作って話すんだもの。しかも、その隣に居るのが土井先生ならば見慣れた光景というものですが、今回いるのは無自覚に渋いフェロモン放出してる厚着先生なんだもの。蒼褪めながら耐える姿が笑いと同情を誘います。利子は普通に可愛いですね。

■「駐在所の所長の段」
しんべヱの才能発覚。敵方の音声忍が「奴こそ正真正銘の音声忍かもしれない」「しかも愛想が良くて相手に警戒させない順忍の素質も」などと真剣に分析したいたので、しんべヱは将来どこぞの城の忍者隊で“音声忍”か“順忍”としての道を歩むのだろうか…とちょっと本気で考えてしまいました。十六期のしんべヱはこのシリーズだけに限らず、臨海学校といい霞団扇といい大活躍でしたね。今再放送中の三・四期を見ていると余計に、成長したんだなぁと思えて感無量です。大黄奈栗野木野下穴太と手を繋いで歌ってるところとか、まだまだ可愛いもんなのに…。大黄奈栗野木野下さんが視聴者の可愛いお嬢さん方のリクエストで登場したって話は本当なのかな?

■「屋敷を爆破するの段」
便所の壁が吹っ飛んで尻丸出しな大黄奈栗野木野下さん達の見せ方が中々に絶妙で笑いました。そしてまたまたしんべヱ大活躍!すごいぞしんべヱ!ばっちいけど!さてさて、今回の土井先生の授業は「古法十忍」について。古法十忍とはすなわち【一】音声忍、【二】順忍、【三】無生法忍、【四】如幻忍、【五】如影忍、【六】如焔忍、【七】如夢忍、【八】如響忍、【九】如化忍、【十】如空忍の事、だそうです。乱太郎達の前に現れたのはこの中の音声忍・順忍・如響忍・如影忍・如焔忍の五人(だったかな)で、うち如焔忍が利吉さんで…。うーむ大変に専門的、言い換えればマニアックです。楽しいなぁ。「素直な好奇心は子どもの特権という事ですか」という厚着先生のセリフが何気に素敵だと思いました。
[PR]

by shougetu16 | 2008-11-24 10:20 | 忍たま・落乱

忍たMAD漁り・その十七

ニコの画面の右上にちゃんと貼り付け様のタグが置いてある事に今まで気付きませんでした。

【ニコニコ動画】【RKRN】秘密結社 鉄の飯【手描き】
わああ鷹の爪だー!第一話前半のパロディです。「鉄の飯」は例の鉄粉おにぎりの事ですね。その由来のところ(元ネタでは「竜の爪団」から「鷹の爪団」に改名するところ)までは行かないんですけど、これはえらく完成度高い。なんという画力。(あの作風のどこに画力が要るのか?という疑問は見れば分かる筈…。)ツッコミ所多すぎて大変でした。傍若無人デラックスファイター役はもちろんあの人。

【ニコニコ動画】ふんどしのうた
「六年生登場!」の方のとんでもない新作を見付けてしまった。約一名大変な事になっておりました。ぎ、ギリギリ堪えられた…吹きまくったけど!本家ヴォーカロイド達は何してるんだろう なんか恐いよこの歌!忍たまキャラで想像するから恐いんですかね?これは絵が付いても見る勇気ありませぬ。

【ニコニコ動画】らくらん仮想キャラソンメドレー
順番:高山みなみ→田中真弓→渡辺久美子→関俊彦→宮田幸季→石田彰→浪川大輔→金丸淳一→保志総一朗→成田剣→神奈延年→置鮎龍太郎→山崎たくみ→子安武人→岩永哲哉→福山潤→岸尾大輔→鈴村健一→山口勝平→岡野浩介&水田わさび※敬称略※キャラ名も省略

ついまた聴いてしまふ。これまた子供向けギャグアニメとは思えないメンツですね…。渡辺さん(金吾)の声も可愛くって好きです。そうかクロノアも渡辺さんだったのかぁ、言われてみれば似てたなぁ…。他人に借りてプレイしていたけど、途中でその人に引っ越されてしまってクリアできずじまい。まぁゲーム思い出話はここまでにしまして。山崎さんは歌う時の声高いんですね。鉢屋の時に近いかな?コメントの「荒ぶるトリッピー」に盛大に吹きました。しかし最後の一曲がそれ以上のインパクトでした。利吉さん…だからたまにはゆっくり休まないといつかプッツンしますよと忠告したのに。

【ニコニコ動画】らくらん仮想キャラソン ver.Full ③
上のメドレーの保志さん成田さん神奈さん置鮎さんの曲のフルバージョン。皆さん良い声だなぁ。破牙検事…いやナリケン氏の声が艶っぽすぎていけません。その上「十五歳なんて信じない」「四十五歳」「結婚適齢期」「指名手配犯」だのいう文次郎の老け顔に対するコメントが面白すぎる。それはともかく、小平太のこの顔が好きすぎるんですけど→(^з^)未だに見られません。一体何期の何話なんだー!
[PR]

by shougetu16 | 2008-11-19 16:53 | 忍たま・落乱

低学年のカラオケ大会

【ニコニコ動画】低学年の仮想キャ/ラ/ソンの段!

順番:高山みなみ(乱太郎)→田中真弓(きり丸)→一龍斎貞友(しんべヱ)→東さおり(庄左ヱ門)→佐藤智恵(伊助)→杉本沙織(喜三太)→渡辺久美子(金吾)→小林優子(虎若)→佐藤ゆうこ(伝七)→斎賀みつき(彦四郎)→青山桐子(伏木蔵)→吉田小百合(平太)→嶋方淳子(孫次郎)→高乃麗(三郎次)→鈴木麗子(左近)→千葉一伸(孫兵)→宮田幸季(左門)→まるたまり(三之助)→青山桐子(富松)→桃森すもも(藤内)→下野紘(数馬)※敬称略

千葉さん宮田さん下野さん以外は全員女性ですね。低学年声優陣、かなりハイレベルでした…!(千葉さんのは歌と呼べませんでしたがw)やっぱり高山さんの声すごく好きだなぁ。かわゆくて幸せです(乱・きり・しんのパートは画像に吹いて歌に吹いて忙しかったです)。かわゆいと言えば、杉本さんと吉田さんの声があまりにも可愛らしくてものっそ萌えました。喜三太・平太も大好きなので余計に萌えた。佐藤(ゆ)さん斎賀さんの流石な良い声にも聴き惚れて、鈴木さんの綺麗~な歌声には心が洗われました。でも、嶋方さんの声質が一番好みかもしれない…。青山さんは伏木蔵と富松で二度登場。富松、妙~に演歌似合うんだなぁ。吹きましたぞ。

古株キャラの多い低学年ですが、何故か声優が安定しないキャラクターが多し。一年は組の面子でさえ既に何人かは二代目になっているんですよね。(喜三太の初代担当の方は亡くなってしまったので役が交代になったのだと最近知りました。あの声も好きでした。)しかし左近の声は何故あんなにヒョイヒョイと変わるんだろうか。

高学年のカラオケ大会は前記事で。金丸さん神奈さんはどう聴いてもプロの歌声。そういや上級生で古株と言うと、滝・三木・らいぞ・さぶろ位なのかな?仙・もんじ・ちょじ・こへは微妙なところだろうか。

あとは余談です。このメンツで銀魂キャラと中の人同じなのは

伝七=おりょうちゃん
富松=ハム子
滝夜叉丸=チェリー大佐
綾部=桂
鉢屋=万斉
文次郎=破牙検事
伊作=イワノフ
食満=小西編集

ですね。うろ覚えですが。生徒以外でも大木先生=高杉とかたくさん居たと思います。いつか銀魂にも神奈さんとか出てきてくれないかなぁ(願望)。何役でかは思い付かないけど…。
[PR]

by shougetu16 | 2008-11-16 10:48 | 忍たま・落乱

忍たMA…Dとは微妙に違うけど

【ニコニコ動画】高学年の仮想キャ/ラ/ソンの段!

何となく声優さん方の歌を聴く気になった。「仮想」なので忍たまキャラは一切関係ありません。

順番:高木渉(滝夜叉丸)→石田彰(綾部)→安達忍(三木ヱ門)→浪川大輔(タカ丸)→金丸淳一(雷蔵)→山崎たくみ(鉢屋)→保志総一朗(仙蔵)→成田剣(文次郎)→渋谷茂(長次)→神奈延年(小平太)→置鮎龍太郎(伊作)→鈴木千尋(食満)※敬称略

すげええー何このラインナップ!歌も一人一人感想付けたいくらいですけど、そうすると長くなりそうなので簡単に。金丸さんと神奈さんは上手すぎて惚れる。安達さんと浪川さんは可愛かった。成田さんは格好良かった。石田さんは(内容が)真面目な歌を初めて聴いて感動した。渋谷さんも長次からは想像もつかない美声で感動した。保志さんも仙蔵には似つかわしくないテンションで笑った。高木さんと山崎さんは選曲に吹いた。(特に山崎さんは「小松田に聞こえる」コメが多くてもうその様にしか聞こえない。)置鮎さんと鈴木さんは…コメと画像がナイス過ぎて全てを持ってかれました。おまけもすごかったです!

低学年の仮想キャラソンもありましたが、そちらは少々長めだったので今日はもう止めて明日聴くことにします。高山みなみさんもあるかなぁ。楽しみです。
[PR]

by shougetu16 | 2008-11-14 17:25 | 忍たま・落乱