<   2008年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

アニメ魍魎の匣 第四話「火車の事」

※十月三十日 加筆修正・追記しました。

青木君、なんというイケメン。(まずはこれを言いたかった)
夢とも現実ともつかぬ意識の中で、数々の奇妙なイメージを見る加菜子。
ここらの演出は意味深を通り越してネタバレすれすれになんじゃないかと思ったけども、
加菜子の機械化した四肢のイメージはある意味ミスリードと取る事もできそうです。
木場修も木場修で、自身の戦争体験からくる戦車の火車の幻想の様なものを見ているし。
登場人物の精神世界に突入し過ぎて訳が分からなくなるちょっと手前くらいの、不思議な感覚でした。
幻想と現実の区別・境界が曖昧になる、それが魍魎の世界という事なのかもしれない。
また前回は森林や向日葵など、懐かしい自然の風景が描かれていたのが印象的だったのに対して
街を覆う煙突の煙とか赤線の取締りとか、昭和期の薄汚れた部分が強調されていた感じがします。
自然、破壊、妖怪、機械。示唆的というか象徴的というか、事件とはまた別の含みのある回でした。
余計な口を利いて福本が木場修にボカッとやられる場面はコミカル演出に。ちょっと嬉しい。
次回はついにエノさんが光臨するようです。わくわく。

これまでの加菜子誘拐事件とそれに関連する事件の経緯を整理します。
●八月十五日 加菜子が武蔵小金井駅で電車に轢かれ、瀕死の重傷を負う
(・後日、頼子が「加菜子は黒い服を着た手袋の男に突き落とされた」と証言する)
●八月二十五日 加菜子の誘拐を予告する脅迫状が発見される
●八月三十一日 加菜子が誘拐される
● 〃 研究所の焼却炉の前で須崎の他殺体が発見される
● 〃 雨宮が失踪する
(・後日、陽子が「八月三十一日に研究所の裏で手袋の男を見た」と証言する)

これまでのバラバラ事件の経緯を整理します。
●八月二十九日 大垂水峠の林道で右腕が発見される
●八月三十日 相模湖で両脚が発見される(この時点で被害者は一人)
●九月六日 八王子で右脚が発見される(二人目の被害者)
●九月七日 調布で左脚、登戸で右腕が発見される
●九月十日 左腕が二本発見される(片方は三人目の被害者のもの)
●九月十三日 右腕が発見される
●九月十四日 右脚が発見される

(・九月十五日 赤線取り締り実施)
●九月十六日 田無で右腕が発見される(四人目の被害者)

最初に発見された右腕以外は、全て箱に入れられていた。
相模湖で発見された両脚は鉄製の箱、それ以降の手脚は桐箱に入れられていた。
頭部・胴体は未だ発見されていない。

文字だけでは被害者の数とか何人目のどこが発見されのかとかのイメージが掴み難いと思ったので、
各被害者の今まで発見された部位を図示してみました。こんな感じ↓です。
e0002518_14402968.jpg
さっき適当に描いた好い加減な絵で失礼。(手袋と長靴みたいだなぁ)
一応原作片手に書き出したのですが、アニメ版との差異や記憶違いがあったら申し訳ありません。

追記:他の感想ブログ様を回って見ると、どうやら三人目の右腕と右脚はまだ出てなかったみたいですね。あああ私の馬鹿野郎。という訳で、発見された腕と脚の図解を差し替えておきました。この時点で、今まで発見されたバラバラの手脚は四人分という事実に変わりはありません。
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-29 17:21 | 私的瑣談(雑記)

銀魂単独イベント開催決定!

だそうです。ジャンプ今週号の「はみ魂」より。DVDシーズン其ノ参第五巻初回生産限定版に封入されるイベント参加応募ハガキを送ると、抽選で参加可能との事。いつもDVDを買っていない人も要チェックですよ。まずは続報を待ちましょう。

こちらも忘れずに⇒【銀魂ラジオCD~カウントダウンGT~募集コーナー】
シーズン其ノ参第六巻の初回生産限定版特典、ラジオCD第二弾のネタやキャストへの質問等を募集中。ゲストは鈴村健一さんです。応募締め切りは十一月十五日。
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-28 12:03 | 銀魂談義(その他)

第二百三十四訓 悪い奴程よく眠る

昨日、風呂に入ろうとしたら脱衣場の壁にでかいカマドウマがはり付いてました。
泣きたくなりました。

魂感
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-28 11:55 | 銀魂感想(本誌)

『落乱』第四十三巻・四十四巻購入(微バレ注意)

つひに買つて仕舞つた。出来るだけネットには頼りたくなかったんですが、近在の本屋・古本屋を探し回っても見付からなかったので、銀魂のDVDと一緒に注文しました。(横浜や渋谷に出掛けた時も目に付いた本屋全部に入ったのに置いてないっていうのはあんまりだと思う。)原作、最後に読んだのはもう訳分からないくらい昔です。小学生の頃だからなぁ。(今年で連載二十二年と最近知って驚いた。)どこまで読んだかは判然としませんが、キャラクターはアニメ見てるので大方分かるし、収録エピソードも巻を跨がず一冊内で完結しているとの事なので、とりあえず最も新しい二冊を購入。

※十月二十七日 加筆修正しました。

落第忍者乱太郎 43 (あさひコミックス)
尼子 騒兵衛 / / 朝日新聞出版
スコア選択: ★★★★★
・第1章「新学期前にひと仕事 の段」
・第2章「予算会議の始まりだ の段」
・第3章「クセ者退治で大手柄 の段」
落第忍者乱太郎 44 (あさひコミックス)
尼子 騒兵衛 / / 朝日新聞出版
スコア選択: ★★★★★
・第1章「悪いウワサにご用心 の段」
・第2章「ひっくり返ってもと通り の段」
・第3章「ヘンテコ鯨をつかまえろ の段」

食満の得意武器鉄双節棍ってカッコ良過ぎだろ…!やはり接近戦タイプだったのか。
(※節棍、つまりヌンチャクですね。鉄双節棍は鉄製で、末端と節の部分に分銅が付いたものらしい。)

二冊ともまるっと未アニメ化話収録です。四十三巻は一年生~六年生まで総登場の賑やかさで見応えばっちり、四十四巻では私服までお揃いな雷蔵と鉢屋に萌え、骨格標本にびびり過ぎな用具委員一年生トリオに萌え、コケて鼻血垂らす伊作に萌えとそれはもう楽しい内容でした。教職員方も含めてとにかく皆かわいくてめっさ幸せ。よくあれだけの数のキャラクターを同時にいきいき動かせるなぁ…。

四十四巻第三章の兵庫水軍の鯨捕りの話も面白かったです。水軍って捕鯨までしたのね。山見・刃刺・若刃刺・刺水夫らの役割、勢子船の布列、突取捕鯨法、その手順等かなり詳細でした。(『落乱』の時代の風俗や文化の描写も大好き。第一章の軽業や幻術の見世物興行の様子も楽しかったです。)船の上から銛で突いた後、生身で潜って鯨に近付き包丁を突き立てるというのだから凄まじい。当時は本当に命懸けだったんだな…。懐手の疾風さんや包丁を咥えた舳丸は非常に格好良かった。その心意気から生き様から、やはり海の男は良いですねぇ。それと、カバー折り返しのネタになりますけど、マッコウクジラって「抹香鯨」って書くんだ…!知らなかった。でも何故「抹香」なんだろう。あとで調べよかな。



落乱の魅力はキャラクターや、丁寧な時代考証に基づいた忍術・文化紹介等の教養的な面だけにあらず。何よりもまず絵柄が大好なのであります。特に髪の毛の描き方がものっそツボなんです。

e0002518_1743570.jpg
原作版テラ男前な小松田さんの癖っ毛。

e0002518_1763427.jpg
やっぱり体力だけだった七松先輩のもさもさ頭。

e0002518_1771139.jpg
海風になびく蜉蝣さんのサラサラストレート。

e0002518_1775958.jpg
サラサラストレートヘアランキング一位の立花先輩のサラサラストレート&綾部先輩のふわふわウェーブ。

伊作の髪が一番好きなんだけど、髪がアップでしかも綺麗に見えるっていう良いコマが無いなぁ。
四十四巻百六十三頁の一コマ目は結構良いかもしれない。
e0002518_17432493.jpg
かなりの癖っ毛。下ろすとまたかなりボサッとしてましたが、中々の美髪だと思います。
(クリックするとも少し綺麗に見られます。なんでか微妙に縮小されちゃったみたいです。)

構図の取り方とか、背景や人の描き方が日本画っぽくて格好良いな~と思うんです。まず、下からとか上からみたいな変わったアングルが少ない。主線は一定の太さで強めに引かれているので画面全体にぺたっとした印象を受けるが、着物の裾や髪の毛先に動きがあるので躍動感がある。そういう特徴が何となく日本画を想起させるのです。コマによっては明らかにそういうのを意識したんだろうなという絵もありますし。

その日本画っぽい特徴が一番出ているのが、髪の毛の描き方ではないかと思うんです。特にサラサラストレートなんか、平安時代の女流作家とか皆あんな描かれ方してますよ。綾部や数馬の様な髪だって『画図百鬼夜行』の雪女も正にあんな感じだったよ!その上、尼子氏の絵はなんだか髪の毛一本一本にまで生命感が溢れているような気がしませんか…。とにかくとにかく、この髪の毛大っ好きです。本当に。

感想とも何ともつかぬ駄文はとりあえずここまで。最近の銀魂単行本の感想より気合が入っているのは布教のためです。さぁて四十五巻は来年の四月発売予定ですか。それまでに何冊揃えられるかな~。
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-26 17:53 | 忍たま・落乱

DVDシーズン其ノ参第3巻 感想

銀魂 シーズン其ノ参 03 【通常版】 / アニプレックス
第108話~第111話までを収録
OP:「曇天」DOES
ED:「sanagi」POSSIBILITY
秋の風情が美しい、桂&エリザベスのジャケット。裏面のジャスタウェイのかくれんぼはシーズン其ノ弐までと比べると微妙にレベルアップしている気がするのですが。

★完全生産限定版のみ封入
・銀魂ラジオCD「銀魂放送局」第1巻(ゲスト:中井和哉)
・描き下ろしスペシャルトリオアナザージャケット(桂、松子、杉本)
・特製カレンダーカード
・シーズン其ノ参全巻限定版購入者特典応募券③

内容>>
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-25 16:05 | 銀魂活画(アニメ)

アニメ第129話「拾い食いに気をつけろ」

とりあえず猫派!でも最愛の生物といったらやっぱりヤモリです。ヤモリかわいいよヤモリ。

アニメ感想
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-24 14:24 | 銀魂活画(アニメ)

潮江先輩つばを飛ばさないでください

園田村編感想・後半です。【前半はこちら】

■「再び園田村へ」の段
一難去った園田村に再び危機が迫っているとの報せが。山田先生の「園田村へ行くぞ」の呼び声であっちこっちから飛び出して集合する一年は組の動きが忍者ぽくて格好良かった。忍者してるじゃないかこの子達…!「急ぎの老人の段」でも土井先生が“隠れる術”の授業をしていたので、それが何かの伏線にでもなるのかなと思ったけど、特に意味は無かったみたい。先生達が車座になって作戦会議をしている画はいよいよ本番だなという感じがしましたね。あれだけの先生達が一堂に会している場面もそう多く無いんじゃないかなぁ。松千代先生がかわいい。

■「照星と佐竹衆」の段
忍術学園総出で園田村に結集し防衛に協力。一年生が最前線で危険な作業をしているというのに松千代先生ってば何隠れてるんですか!恥ずかしがり屋さんめ。敏感に火縄の匂いを察知する虎若は流石ですね。それにしても照星さんカッコ良すぎる。(虎若の父ちゃんも素敵でした。)いつ聞いても良い~声だなぁ~…。なんか、腰に来る声です。(キャストは松山鷹志さん。)

■「はずむ砲弾」の段
遠眼鏡のウサギの絵の薀蓄が面白かったです。十二支で「十目が子」(とおめがね)だからウサギ(卯)、ですか。昔の人は何かと洒落てるなぁ。カノン砲の射程距離外からの砲撃でも、鉄製の弾丸なら地面を跳ねて充分に人を殺傷する威力があるという話も非常に興味深かった。さて園田村内には、身内による思わぬ罠(綾部の蛸壺)が多数仕掛けられておりました。左近、伏木蔵、伊作ら保健メンバーが落ちたと来れば次に落ちるのは乱太郎しかいない!…と思ったけど落ちたのはしんべヱだった。「蛸壺六号タツコちゃん」て名前はいつの間に聞いたんだろう。伊作の出番は蛸壺に落ちておしまいだなんて…。

■「臼砲のキューちゃん」の段
必死に運んだ用具委員乙。火薬委員に珍しく出番があったのが嬉しい。「石火矢の撃ち方」なんて知ってても生涯役に立たないんだろうけどつい聞き入ってしまう。(武器の話は大抵面白く聞いてます。好きなので。)長次が珍しくはきはき喋ってましたね。台詞の内容も極めて真面目で、長次が普通に喋らなきゃならないくらいの状況という緊張感が醸されていた。いい~声してるんですよねこれがまた…渋谷茂さん。それにしても兵太夫と三治郎は逆茂木に一体どういう細工をしたんだろう。どこをどうすればああなるんだ。

■「燃える逆茂木」の段
忍たま達に沢山の経験を与えて園田村編完結。文次郎いとしいいいいいいい。くそくそ言いまくりながら木に頭をガシガシ打ち付けてる姿すら愛しいよ。熱苦しいなぁ…!一方珍しく役に立っていたのが小松田さん。どんなに殴られても蹴られても起き上がって来る小松田さんの打たれ強さ(と蛇の様な執念)は本気で尊敬したいところです。恐らく彼は死ぬまでサインを諦めないのではないだろうか。もしかしたら死んでも尚化けて出でサインを要求するのかもしれない。肉体的にも精神的にもあれくらい強靭になりたいです。

e0002518_13513655.jpg
食満先輩。逆茂木の説明をしているカットが親指を立てているように見えて(本当は人差し指)
そこから派生して、というか筆が滑ってこうなりました。アニメの内容とは一切関係ありませんすいません。
で、未だ分からないのが「食満」の発音は「け→ま↑」なのか「け↑ま↓」なのか?という事だ。
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-24 13:37 | 忍たま・落乱

アニメ魍魎の匣 第三話「羽化登仙の事」

箱館のベッドの上より、加菜子消失。
今回もまた原作準拠に進行。アニメ独自の出来事、というか演出といえば
街中で頼子が「謎の男」とすれ違った事と、アバンに加菜子のモノローグが入った事か。
加菜子は私の中でも神格化された少女だったので、彼女の内面を見せられたのは妙な気分でした。
母親に首を絞められたという記憶は短編集『百鬼夜行-陰』の「小袖の手」で語られた話ですが、
そこでも彼女視点で物語が展開されるような事は一切無かったんですよね。
それが余計に、加菜子のどこか人間離れした神秘的な雰囲気を保っていたんだと思う。
だから、加菜子の弱々しくすらある内面を見せられて少し戸惑ったんです。
クラスに馴染めず友達が出来なかった様だ、と雨宮から聞いた頼子もこんな気分だったんだろか。

箱館の内部は想像以上に怪しかったです。匣だらけで照明が行き届いていなくて陰気臭い。
ははぁこんな風だったのかという妙な感激を覚えましたよ。
それだけに加菜子の病室のベッド周りは、清潔感を通り越して荘重さすら感じさせるなぁ。
真っ白な天蓋が正に天人の繭、といった感じだった。「羽化登仙」というタイトルに相応しい。
いやしかし、加菜子消失は結構衝撃的な事件だと思っていたんですけど
それを目の当たりにした関係者達のリアクションが思ったより薄かったのが意外。
そうか、みんな驚くよりも呆気にとられてしまったんだな…本当に奇蹟を見てしまったかの如く…。

その全てが真相の鍵であると言っても過言ではない、
登場人物達の言動や行動の一つ一つが印象的に見せられていて上手い。
加菜子の手術中の記憶にも「大動脈弓吻合」という台詞がちゃんと入っているし…。
こうして見ると本当に無駄の無い構成なんだなぁ。古谷徹さんの異質な存在感も素敵です。
そして御筥様の祝詞の唱え方が判明してまた感激でした。シフル~フル~ユラ~ユラァ~

ですが、視点がカチカチ切り替わって回想が入る度に時系列を見せられる順序が前後するので
少々ややこしいかもしれません。視聴者がきちんと付いて来られているのかという疑問はある。
という訳で、第三話までの事件・経緯を簡単に整理してみました。以下長くはないけど畳みます。

続きを読む>>
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-23 13:24 | 私的瑣談(雑記)

第二百三十三訓 チャックはゆっくり引きあげろ

昨日は洟がすごかった…花粉の症状だろうか。簡易感想です。

魂感
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-21 15:30 | 銀魂感想(本誌)

ああん?

アニメの園田村編感想・前半です。記事タイトルは雑渡さんのセリフ。

■「急ぎの老人」の段
馬借の清八が、忍術学園へ園田村の乙名(「惣」と呼ばれる自治体の代表者のこと)を連れて来る事から事件は明らかになっていく。一年は組ではしれっとタカ丸が混ざって授業受けてるんですね。団蔵の「年下と一緒に勉強したり年下に教えて貰うなんて嫌じゃないんですか」という問いに、知らない事を教えてもらうのに歳は関係無いよと笑顔で答えたのに心底感心させられました。更に「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」とまで。若いながらなんて立派なんだろう。それどころか十歳児の間に見事に溶け込んどる…!好奇心旺盛なのも良い事ではありますが。皆でワクワクワしてるの可愛い。

■「二手に分かれて」の段
室町という時代の村と城(領主)との関係や「制札」の制度など、興味深いうえ勉強になりました。子供向け作品と侮るなかれ、実はしっかりとした時代考証の下にストーリーが練られている事が分かります。こういう教養的な面と、時折垣間見えるこの時代のシビアさも『忍たま』(落乱)の魅力ですね。さてさて、オーマガトキ軍とタソガレドキ軍のどちらが勝つか見極めるため二手に分かれる事となった一年は組。土井先生チームに主人公三人組+庄左ヱ門、山田先生チームにその他って結構バランス良い組分けだと思います。頭脳的な意味で。道中 歌なんか歌ってる土井先生チームの子達が微笑ましい…。

■「事件の本質」の段
オーマガトキ軍の偵察に来た土井先生チーム。饅頭売りに扮して探りを入れた乱太郎・きり丸・しんべヱ・庄左ヱ門の話を聞き、オーマガトキ軍は戦をする前から内部がボロボロだと断言する土井先生。「キンキンキンキーン」「ブッブッブー」のSE四連発に笑った…繰り返す意味は!?背景にイカが飛ぶのとか、演出に妙な味があって面白かったなぁ。一方、タソガレドキ軍の偵察をする山田先生チーム。団蔵・虎若の報告によって徐々に事件の本質が見えてきます。情報はここで出揃いますが、私は自分で推理しながら観るような性質ではないので、単純に真相が気になって引き込まれました。

■「園田村へ急げ」の段
オーマガトキとタソガレドキ・二人の領主の計略、そして園田村に迫る危機が明らかに。シリアス色の濃い回でしたが、且つ笑い所も用意されていて充実した内容でした。雑渡さんと部下の遣り取りが面白かった。ナイスユルボケ&ユルツッコミです。な ん で ?って可愛いよ雑渡さん。土井先生は聖徳太子より優れた耳の持ち主のようです。かたや十人の声を聞き分け、かたや十二人の声を聞き分けるんだから。は組+山田先生がそれぞれ何て言っていたのか全く聞き取れなかったけど、きり丸が「お駄賃はいくらですか?」的な事で、喜三太が「ナメクジは好きですか?」でしょうか。園田村編はここで一区切り。

【ウィキぺディア】 惣村(惣)とは
中世の制札 (国立歴史民俗博物館 研究者のホームページ)
[PR]

by shougetu16 | 2008-10-19 12:46 | 忍たま・落乱