<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アニメ第146話「昼間に飲む酒は一味違う」

更新のリズムが掴めないでござる。

しばらく週一・二回の更新で簡易感想ばっかり書いていたので、いまいち感覚が掴めずにいます。ネタは溜まりまくってるいのに作業が滞っていて、思うように更新ができない…。あっれおかしいなぁ今までどうやって感想書いてたんだろう。慣れるまではまだ簡易気味になりそうです。すいません。


■本編
吉原炎上編、七回目にしてついに完結。エピローグですね。
エピローグに一話割くより、出来れば前回のテンションのままで一気に駆け抜けて欲しくはありましたが
不穏さを残しつつも皆それぞれが収まるべき所に収まり、すっきり後味の良いラストだったと思います。
女王もブタもおもちゃ屋も原作通りでしたし、本編ではこれといって特筆する事は無いかな?
星海坊主殿と阿伏兎は相変わらず素敵でした。オッさん最高。

シリーズ通しての総感想というのも、今はなんだか上手く言葉に出来ないのですが…。
声優陣の熱演とすんごい作画の連続で、アニメの素晴らしい所を存分に堪能できました。
あらゆる意味で夕方枠の限界を突破していた本気具合に圧倒されっ放しでした。
東プロデューサーのコラムに気になる言葉(※)もありましたし、DVDが今から待ち遠しいですね。
※「DVDでは別バージョンになる事も」という感じの言葉。

■エンディング
「輝いた」のフルバージョンに乗せての特別総集エンディング。
とにかく、美しいエンディングでした。歌詞がまたシリーズの内容に合いすぎていて一層感無量。
よくこんなぴったりの曲見付けたなぁ。このために特別に作られたという訳ではないんだよね…?

■Cパート
神威の髪の色と「吉原炎上編」というタイトルについてのツッコミ。
この痒いところに手の届くネタ拾い!アニメ銀魂のこういうところ大好きです。


次までには以前の感想読み直して勉強しておきます。
[PR]

by shougetu16 | 2009-02-28 21:09 | 銀魂活画(アニメ)

『落乱』第三十七巻購入(ネタバレ注意)

四十二巻と一緒に届いていた三十七巻の感想…の前に、原作布教MADの紹介です。

【ニコニコ動画】原作風に12期ED+おまけ(線だけの16期OP後半部分)
アニメ十二期EDを原作絵で再現した作品。十二期以降の登場キャラも補完されています。これは和む…!こういうのを見ると『落第忍者乱太郎』のアニメが見たくなりますね。『忍たま』とは一味違う、シュールでシビアでちょっとブラックな『落乱』のアニメ。墓場鬼太郎みたいに深夜とかに週一でもいいからやってくれないかな。

落第忍者乱太郎 (37) (あさひコミックス)

尼子 騒兵衛 / 朝日新聞社

・第1章「宿題バラバラ事件 の段」
・第2章「忍の道の落とし穴 の段」
・第3章「失敗作に似ています の段」
・第4章「ウワサは誰にも止められない の段」
・第5章「ムシなんてもうウンザリだ の段」
裏表紙は一年い組の優等生・伝七&左吉コンビ。左吉が蠍座A型で私と一緒です。内容はアニメで言うと十四期「別々の宿題の段」~「小松田君を戻せの段」、「ナメクジを奪った兵の段」~「隊長の怒りの段」、「忍者の三病の段」、「忍者の三禁の段」、十五期「予算会議の乱の段」など。十四期はリアルタイムで見ていなかったので知らないエピソードが幾つか。一つ一つのネタはアニメで大体拾われているようなんですが、筋書きが全く違っていました。バラバラの宿題、高学年用の宿題がどれも死んでもおかしくないような課題ばかりで、過去に命を落とした生徒とかいそうで怖いなぁ…。全体を通して見ても、戦国時代や忍者の世界のシビアさを感じさせる内容。忍者は結果がすべてという斜堂先生の言葉にハッとさせられます。頑張ったから良いというものではなく、手抜きをしてでもズルをしてでも結果を出すことが忍者にとって重要。また普通は美徳とされる“優しさ”も、忍者にとっては「禁」となってしまう。ギャグというオブラートに包まれた作風から見え隠れするのは、そんな厳しさでした。

<メモ>
・カバー折り返しの舳丸と重が格好良い
・きさんた・・・(´;ω;`)
・十四ページ二コマ目の長次が可愛すぎる
・しんべヱは「はごろもの術」を会得した!
・意外なところに四十二巻への伏線が。四十二巻買えて良かった…
・立花先輩 いたいけな十歳児相手に生首ジョークはキツすぎます
・城や砦で普段草むしりをしてはいけない理由
・這いずり回って泳いで飛んだりするヤツはなんでも食えるって野生の理屈だなぁ
・土井先生・・・(´;ω;`)

<ピックアップ>
e0002518_11585564.jpg
なんだか無性に切ないですこれ。
[PR]

by shougetu16 | 2009-02-26 12:09 | 忍たま・落乱

『銀魂』単行本第二十七巻 感想

銀魂 第27巻 (27) (ジャンプコミックス)

空知 英秋 / 集英社

表紙は将軍様。今日も良き日でございます。背表紙は十七巻の表紙に平賀さんとのコンビで登場したたま。前巻の表紙の鳳仙しかり金丸君しかり、故人や一発キャラが稀に表紙を飾っても背表紙になる事はないようです。エリザベスにはいつか背表紙が回ってくるかな?

中身>>
[PR]

by shougetu16 | 2009-02-25 16:55 | 銀魂談義(その他)

\(^0^)/

どうもこんばんは。本日ついに『落乱』を一巻から最新刊まで全部揃えている優良店に巡り会い舞い上がっております水木です。(同行していた母によると、落乱がずらりと並んだ一郭を発見し それを眺める私は実に怪しいニヤニヤ顔だったという) いやー嬉しいなあ これからは既刊も新刊もそこに行けばみんな買えるんですよ。電車で五駅先だけど。持ち合わせがあまり無くて一気買いできなかったのが残念でした。次に行く時はがっつり買いたい。

では本題。リアルの方がとりあえずひと段落ついたので、今週からのそのそ通常更新に戻ろうと思います。ジャンプ購読を止めてから更新頻度がちょいと下がっていましたが、銀魂と落乱の単行本感想とか DVDとラジオCDの感想とか パロディネタ思い付いたりとか やりたい事が色々あるので、それはもうやる気に満ち満ちているのです。けどまだその殆どに手を付けられていないのでバンバン更新という風にはいかず、今はただムラムラするのみ。さて何からやろうかな。
[PR]

by shougetu16 | 2009-02-23 22:36 | 私的瑣談(雑記)

090221 管理人近況(主に銀魂・忍たまとかのメモ)

目の隈が消えません。たくさん寝てるつもりなんですけど何かがいけないみたいです。ああ意識してたらなんだか目の周りだけギンギンに疲れてる気がしてきた…と思ったらもう花粉症の季節でしたね。目がかゆい。

■先週に名古屋での決戦を終えた我が親友へ
思いっきり私信で失礼します。→【メールなかなか返信できなくてすみません!とりあえず ここで簡単にお返事致します。まずは、とにかくお疲れ様でした。手前の方は決戦の日が二日後に迫ってきておりますが 最近 連日深夜にカラスが騒いでいたり 三日くらいの間に小さな地震が二回起きたり ゴミ箱に足を突っ込んだり 一日として体調が優れている日が無かったりしてちょっと不安です。けど緊張感危機感のようなものは湧いて参りません。小心者なんだか能天気なんだか自分でも分かりかねます。なんとなくGの活動力と生命力が羨ましいです。

■今週のアニメ銀魂
第145話『絆の色は十人十色』吉原炎上編七回目でいよいよクライマックス。●と思いきや、いきなりバンクによる万事屋の楽屋裏ぶっちゃけトークからスタート。ゆ、ユルい…。●だからあざといジャケットやめろっつーの!(笑)なんか地味に前回と絵柄変わってるし!妙なところで手が込んでいる。●え、それで…ものすごいサラッと言いましたけど、なんやかんやで四年目決定という事になったのでしょうか。嬉しいけど、木曜日の録画の悩みもこのまま継続かぁ。しかももうじきリアルタイムで見られなくなるかもしれないからいよいよ録画頼みになのに、こ、困ったなぁ。嬉しいのに困った。しかも四年目は経済的な問題で本当にDVD買えないかもしれないです。●何はともあれ四年目万斉、間違った万歳!(本気で打ち間違えた)ちなみに画面サイズは予算の都合で四年目以降も4:3のままだとか。それはまぁ良いとして、迂回ルートネタは色んな意味で危なそうですね。銀魂は落とし穴に嵌ることなく疾走し続けられるでしょうか。

■今週のアニメ銀魂(改めて)
アバンだけで長くなりすぎました。●鳳仙@銀河さんの語りがそれは素晴らしかった。●アクションシーンの凄まじさももう見入るしかないです。作画監督は佐々木洋平さん。結構クセのある絵を描く作監さんですが、この人の絵は「ド迫力」って言葉がぴったりだと思います。遠近の緩急が激しいんだな。動くうねる歪むで印象が強烈なんです。管制室での晴太の動きとか、細かな動作も目に残りました。●神威が一瞬見せた狂気めいた表情にもぞくり。●ラストは次週へ持ち越し。まとめきれずに一週伸びた感じは原作と同じ印象。●星海坊主殿楽しみ。

編集長メモ:【雑談】「終わる終わる詐欺」ならOK
そういえば半年前だかにも、自分達で「終わる終わる詐欺」をネタにしていたじゃないか…。もちろん当時は決定していなかったのかもしれませんけど、あの時から既にこの発表のための壮大な前振りを仕掛けていたのだとしか思えません。もし終了になったとしても「自分達は終わる終わる詐欺なんてしません 本当に終わります」っていうネタになるんですよね。終了・継続、どちらとも予想できる文句で煽っておいてどちらに転んでもお茶目になるというこの巧妙なカラクリ。

テレビ東京の公式ページ
サンライズの公式ページ
公式サイトでも正式に発表されていますね。正直これを見るまでは本気で信じられませんでした。だって今まで散々騙されてきたんだもの。ことごとく引っ掛かってきたんだもの。特に白髪天パの奴の言う事は信用するなって昔から言うじゃないですか。鈍臭い田舎っぺぇにはもうどこからウソでどこからマジなのか判断がつかないのです。誰を信じて生きていけばいいんだ。もう。

『銀魂』エンディング・テーマを歌うシギ、渋谷のステージに立つ (Yahoo!ニュース)
力強くてすごく訴えかける歌声だなーと思いますが「歌うデスノート」ですか。彼女が過去主題歌を担当した別のアニメの監督がデスノの監督だった事とか関係あったりするのかしら。

■今週の忍たま
今週は全て一話完結回でした。●『野生の牧之介』このタイトルあほで好きです。剣豪としてあれだけヘボで仕事も無いのではもう野生に帰るしかないとか乱太郎すごい言い様だな!その通りだけど!遠藤作監の絵は癖が強い。●『対決!学園長対土井先生』小平太かわいいよ小平太。喜車の術って滝夜叉丸とかものすごく引っ掛けやすいんだろうなぁ。おでんにちくわぶが入ってましたね。忍術学園は近畿地方の所在だそうですけど、おばちゃんは美味しいものなら全国どこのものでも取り入れてくれそう。●『おとり厳禁』仙蔵・しんべヱ・喜三太のトリオが年一で送る厳禁シリーズの八回目。ん?という事は厳禁ももうすぐで十周年ですか。私が小学生の頃から…と思うとスゴイなぁ。お姫様ルックでもナメ壺離さない喜三太かわいい。●『着物の柄』『夜間宿泊訓練』両方とも去年見られなかった回で、は組VSくの一な話。トモミちゃんの鎖鎌がカッコ良かった。ユキちゃんは相変わらず声がエロい。●先週土曜の『一年は組のチームワーク』も突っ込みどころ満載で面白かったです。友情もののちょっと良い話のようでいてやってる事はすごいアホですからね。

Huunrii~pantu Ahiru~解説+スロー動画【あんまり信用しちゃだめだよ】
【RKRN】奇間者ケーマス~ヘーシーのマフラー~+Huunrii~Pantu ahiru~(紹介済み)の後半部分、おねえさんの言葉を借りると布面積の大変少ない忍者服で踊り狂うお兄さんたちの動画の音声解説版です。何度見ても美しいなぁ。しかも何故かこう、元気貰えるんですよね。本当なら毎日見ていたい。本当癖になるこの世界観…。あと、おねえさん作の変態向け動画もついに見ちゃいましたよ。見るまでが尋常じゃなくコワいんですけど案外普通に見れちゃいましたよ。晴れて変態の仲間入りです。

■忍たまモバイルサイトのバレンタインコーナー
『委員会対抗☆チョコ争奪戦』の集計が終了して最終結果が出ていました。

一位 火薬委員会(ぶっちぎり。以下僅差)
二位 作法委員会
三位 用具委員会
四位 会計委員会・体育委員会・保健委員会?(棒グラフの見た目では差が分からない)
七位 生物委員会
八位 図書委員会


この結果を元に三月はホワイトデーコーナーがオープン予定だそうです。一位の委員会からのお返しだから、火薬委員会からですね。何でしょうね焙烙火矢でもくれるんですかね。ちなみに学級委員長委員会はチョコを上げられる対象外だった模様。まだアニメに名前が出ていないからかな。委員は三人しかいないけど、同じく委員の少ない火薬がぶっちぎり一位なのを見ると学級委員長も健闘したかもしれないと思ったり。

■我が集中力が散漫な証
e0002518_13251329.jpg
暴君もたまにはレシーブ!

e0002518_13253630.jpg
落乱絵の練習中。キャラのチョイスに特に意味はありません。

せっせと落描きに勤しんだり急に脈を計り始めたり、気が散りすぎだと思う。
[PR]

by shougetu16 | 2009-02-21 13:33 | 私的瑣談(雑記)

090214 管理人近況(主に銀魂とか忍たまのメモ)

どうもこんにちは。先週土曜の朝 車で妹をバイト先へ送って行った際妹から家の鍵を貰うのを忘れて、帰ってから家に入れない事に気付くというマヌケをやらかしました、水木です。はい阿呆ですね。というか寝呆けたまま運転するなよ。困って祖父母宅に助けを求めたところ合鍵を探し当ててくれてなんとか事なきを得ましたが、危うく何もしないで一日潰すところだった…。(妹のバイトが終わるのは夜)


■追記:こぼれ話⇒かゆみの原因-滅亡へのカウントダウン-
大亜門先生のブログです。文末に注目。(修正とか追記とか落ち着かなくてすいません。)

■今週のジャンプの銀魂
また感想サイトさんでネタバレ見てきました。懐かしのゲームというこれまたツボにきそうなネタが。それからストーリーの方、ああいう展開は昔アニメのドラえもんやアラレちゃんで見たなぁ。ジャンプマンガでは『世紀末リーダー伝たけし!』でも。これまた懐かしいです。ギャグやコメディでは定番ネタ?

■今週のアニメ銀魂
第144話『寝物語は信用するな』吉原炎上編の六回目。●うわあああCパートでアナログ放送終了のお知らせにネタに銀魂終了のお知らせネタを被せてきた!この時期にという事はやっぱりそういう事なのかなぁ。というかアナログ放送の件はこういう形でお知らせできるなら、OPの最後に入る目立つテロップの方をどうにかできないものでしょうか。●散々悩んだ録画についてですが、ついに忍たまの方を優先させました。『保健委員会ののろしの段』は是非録っておきたかったんだ。銀魂はいずれDVDが出ますけど、忍たまは下手すると一生出ないかもしれないんですよね。しかもビデオで録画するとアナログサイズに画面が切られちゃいますし。ハイビジョンサイズでも見たい!と、いう訳でリアルタイム視聴も忍たま優先。なので今回の銀魂は内容が十分くらいすっぽり抜けています。晴太のど根性とか月詠&銀さん復活とかの一番良い所が。DVD待ちです。

■銀魂主題歌コンピCD
三月二十五日発売との事。今週のアニメ中にCMもジャケットも初めて見ました。ジャケットは両面キメ路線のようです。この銀さん、というか白夜叉が男臭くて結構好みでした。もっと線が太くて一昔前のジャンプっぽい感じだったら更に好きだったかもしれない。

銀魂BEST

(アニメーション) / Aniplex (music)


編集長メモ:【雑談】銀魂BEST・追加情報
こちら様でも取り上げられていました。特典DVDは一期~十期のOP&EDノンクレジット映像を収録。描き下ろしデジパックやら特製ピンナップやらスペシャルブックレットやらの内容が気になります。

■今週の忍たま(前半)
今週は委員会対抗戦編。シリーズを通してキャスト陣がすごい事に。色んな意味で幼年向け十分アニメとは思えない内容になっております。このシリーズで初登場のキャラも多数。(竹谷・一平・三之助・四郎兵衛・久々知・藤内。登場済みの食満・富松・数馬・彦四郎を入れると十六期初登場キャラは全部で十人)●本編で小平太を見るのは久々の気がしました。いけどん可愛いよいけどん。●委員会活動中は委員長のパワーに圧倒されて大人しい滝夜叉丸。ここでは良き先輩であります。●小平太パペットが欲しい。●『委員会対抗戦の段』で作画ミス発見。「用具委員会出動!」「おー!」のシーン、平太であるべきところが伏木蔵になってる。他にも左門・数馬・藤内が流された後の場面なのに、モブにその三人らしき後姿があったりとかするなぁ。

■今週の忍たま(後半)
団蔵に期待を裏切られて、文次郎が一瞬なんかエロい表情に。結構珍しいパターンの顔だったと思います。はしゃぐ仙蔵も珍しいかも?あの場面の二人の反応が父兄さん過ぎて微笑ましい。●意地を張って参差の術に参加しなかった左吉君達、お父さんに叱られてしまいました。半べそにきゅん。●ニコ動のせいで竹谷の台詞が「おーい座薬委員ー!」にしか聞こえなくなってしまった件。ちゃんと「火薬」って発音してるんですけどね…。●保健の低学年は癒し。ちなみに視力検査で使うあのcは「ランドルト環」と言うそうです。●小平太と金吾にも癒されました。小平太のコミュニケーションの取り方好きだなぁ、後輩をよく可愛がってる感じがして。●鉢屋強いですね。相変わらず良い声。●何気に滝夜叉丸が格好良い。夜空と炎のエフェクトのコントラストも綺麗。●金曜は思い切り見逃しました。去年も観た回とはいえ無念…。

■忍たまモバイルサイト
の充実度がハンパない。会員ではないのでコンテンツは殆ど見られないんですが、お楽しみも情報もてんこ盛りなサイト内を見ているだけでもうウハウハしてくるのです。ほぼ毎日更新とかなんという誘惑。すんごい楽しそう。どうしよう本当に入会しちゃおうかなぁ、期間限定企画もあるし…バレンタイン企画とかもう終わりでしょうか。銀魂にもこういうのがあれば良いんですけど。

■用事で横浜へ行ったついでに
本屋巡りをしてきたんですが、そこでなんと初めて落乱が置いてある本屋さんに遭遇できました。おおおお!神奈川県から東京都、新古を問わず目に付く書店に片っ端から立ち入っては失望し立ち入っては失望しを繰り返して幾星霜!と歓喜したのですが、置いてあったのは既に持っている巻だけでした。三十七~四十三巻ってなんて中途半端な。それでも、書棚に落乱が並んでいるのを発見した時の感動はひとしおでしたよ。何件巡ってもあまりに見付からないから、もしかしたら実は店頭で売られてないんじゃないかと疑ったりもしましたが、ある所にはあるんだなぁ…。次に寄った一軒には四十四巻だけ置いてありまして(やっぱりもう持ってる)。どうしてこう絶妙に外してくれるんでしょう。不運です。(あ、三十七~四十三っていう半端な巻数の理由が分かったかもしれない。その辺りって丁度「売り上げが伸び始めている」って雑誌に書かれてたところだ。)




e0002518_1055991.jpg

ノートの落描きです。『見張り小屋の段』より
左門・左吉の件もあるので、このあと学園に戻ってからは当然鍛錬かと思われ。
[PR]

by shougetu16 | 2009-02-13 11:36 | 私的瑣談(雑記)

090206 管理人近況(主に銀魂とか忍たまのメモ)

※二月七日追記

■生存報告…と言うほど空けてもいませんでしたが
どうもこんばんは、水木です。最近なかなかパソコンに触れません、というより意図的に触らないようにしております(リアルの都合のため)。そんな訳で、暫くの間は簡易な形でまとめて週一更新というスタイルになります。本当は完全にパソコン断ちしなきゃいけないんでしょうけど、そうするとパソコン触りたさにむしろ気が散って通常業務(?)に支障を来しそうなので、短く時間作ってネットもすこーし覗いてます。この状態はとりあえず二月二十三日までの予定。あと二週間ちょいですね。ああ早く色々やりたい!

■銀魂二十七巻
表紙がステキすぎる最新刊、発売日に無事購入できました。平和は素晴らしき事です。寝る前にこっそり読んでは感想書きたくてムズムズしています。空知先生のお尻に幸あれ。

■今週のジャンプ
銀魂がセンターカラー貰ってたんですが、ついに購入できませんでした。その代わり感想サイトさんをチラ見したんですけど、なんかもうそれだけでさっちゃんにムラムラしてk(ry 早く単行本で読みたいです。

■そういえば
人気糖尿(素で糖尿と打ち間違えた)人気投票に投票するの忘れてました。複数のキャラに出してもOKとの事だったので、残ってる年賀状全部使い切ってやろうぐらいに思ってたのに!イッケネー!結局締め切りを過ぎてしまったのでせめてここに書いておこう。万斉殿・にぞさん・さっちゃん・とっつぁん・阿伏兎に投票するつもりでした。

■今週のアニメ銀魂
吉原炎上編の五回目。●今回も声優陣の熱演が印象的。悔し泣きしながら「強くなりたい」と呟く神楽の様子は本当に胸に迫るものがありました。前向きな新八には前回に引き続き男を見た。晴太と日輪の邂逅もぐっときました。●銀さんVS鳳仙もいよいよ開戦。カメラワークが格好良い。●でかい武器ってやっぱり良いですね。派手で、見栄えがして、迫力があって。燃えます。

■今週の忍たま
今週はスッポンタケの陰謀の続き。霞うちわ。●山彦の術の件は伏線になりそうですね。大分先の。●なぜあのモブに等しい名も無き忍者に子安さんが当てられたのでしょうか。謎です。大木先生が出る別の回とのまとめ録りだったのかな。●「忘れた縄抜けの術の段」では一年い組の学級委員長・彦四郎が初登場。キャストは斎賀さん。男前だなー。●関節を外しても腕の太さが変わる訳ではないから縄抜けはできない、と素人考えを一刀両断してくれるところが快いですね。でも正しい縄抜け法はくの一にはちょっと辛そうだ。女の子として。

■忍たまDSの予約特典のこと
三月発売予定のゲームの公式サイトができていました。⇒『忍たま乱太郎~忍たまのための忍術トレーニング』 予約購入特典のランチョンマットのイラスト、主人公三人組+くの一三人組+教師陣+高学年(四・五・六年生)ってところがあざといぜ!これは欲しくなる…なんて可愛い笑顔なのみんな。

【ニコニコ動画】【手書RKRN MAD】死ね!バレンタインデー
見るのは一作までに限定してニコニコも楽しむ。今回も期待の病忍です。可哀想な二人にこれを…つ【小田原名物かまぼこ入りチョコ】【鉄粉チョコ】 ここのコメントで忍たまモバイルサイトのバレンタインデー企画の存在を知り、行ってみると委員会対抗チョコ争奪戦(どの委員会がたくさんチョコを貰えるか)が開催されておりました。うわ戦績気になる…!(※)でも入会しないと見られないんだよな。入会しようかな…。そういえば来週の再放送は委員会対抗戦ですね。木曜の録画は銀魂とどちらにすべきか。

※追記:コメントによれば今のところ火薬が断トツ一位、会計も結構上位だが用具に負けている、保健はゴメンという状況のようです。火薬が一位なのは顧問の土井先生の効果も大きそうですが?私も会計か体育にあげてきたいよ。
[PR]

by shougetu16 | 2009-02-06 23:06 | 私的瑣談(雑記)

『落乱』第四十二巻購入(微バレ注意)

四十二巻ようやく手に入りました!商品確保されるまで随分かかったなぁ。あんまり嬉しいのでちょっと簡単に感想書いておきます。夜寝る前とかどうしてもマンガ棚に手を伸ばしちゃうのよね…。


落第忍者乱太郎 42 (42) (あさひコミックス) (あさひコミックス)

尼子 騒兵衛 / 朝日新聞社

・第1章「危険だらけの校外学習 の段」
・第2章「この作戦は君のもの の段」
・第3章「休みは自分で勝ち取ろう の段

八割園田村のシリアスめシリーズ。濃密で読み応えあってすごく面白かったです。各陣の思惑の絡み合い、砲弾銃弾が飛び交う戦の緊迫感、そして忍術学園総動員で村を守るっていうスケールにもわくわくさせられるんですけど、それと同じくらい軍事に関する薀蓄がどれも非っ常に興味深くって惹き込まれるのです。たとえば桶狭間での信長の功績や火縄銃の伝来した年代なんかは学校の教科書に書いてありますけど、夜の陣中が掛け声で賑やかだったり旗印がやたらと動いたりするのは軍の内部が不安定な証拠であるとか、カノン砲の飛距離と鉄製弾丸の特性における殺傷力とか、地形を活かしてそれを防御する方法なんぞは載っておらんのですよ。“戦があったという事実についての知識”ではなく、“戦の現場で活かされた知恵”を学ぶ事ができる。普通の歴史問題としての惣村や制札(禁制)についてだってマンガでなら楽しく憶えられますしね。子どもに向けた作品だからこそ歴史的なウソは描かないというのは尼子先生の言葉ですが、忍術・軍事関連だけでなく当時の風俗に関しての時代考証も本当にしっかりしているので、大人が読んでも色々勉強になります。

内容はアニメで言うと十六期「急ぎの老人の段」~「園田村へ急げの段」、「再び園田村への段」~「燃える逆茂木の段」、「いくさの予行演習の段」~「借りは返すの段」、「護衛はだれに?の段」、「好きなものを食べるの段」~「近道は危険の段」。借り物競争以外は全て園田村編内に組まれたエピソードでした。裏表紙は火縄銃を構えた照星さん。かっこいいなあ。

表紙・裏表紙イラストは朝日新聞社のサイトでも見られます。原画ギャラリーから。
朝日新聞出版 最新刊行物:コミック:落第忍者乱太郎

<メモ>
・清八にしっかりつかまってる手潟さんがちっちゃかわいい。
ゆふべきたよばひどの…って乱太郎たち笑顔でなんて歌を!意味は理解してなさそうだけど。
・↑当時流行った歌でしょうか。土井先生がちょっと困ってるのが微笑ましい。
・第2章扉絵の虎若の父ちゃんがめちゃくちゃ格好良い。鎧の描き込みに見入ります。
・佐武衆の馬は加藤村の馬よりもなんだかイケメン。
・人呼んで忍術学園のサイドワインダー小松田!(※サイドワインダーとは
・うわー、首実検の首板って針が付いてるんだ…首が転がらないよう固定するための…。

<ピックアップ>
文次郎がたまに持ってるシャベルみたいなヤツは何だろう、とアニメを観ていて常々疑問に思っていました。某動画で得た情報から「袋槍」という武器らしいとの見当はついたんですが、私の知っている袋槍の形状とは微妙に違うような…?と未だ疑問が晴れずにいたところ、原作でも例のシャベルの如き物を持っているコマを発見。そちらでは確かに袋槍なのかなという風に見えました。持ち手の内側が空洞になっているらしい描かれ方をされているのです。
e0002518_12423743.jpg
袋槍(ふくろやり)とは、穂(刃)の袋状の根元に柄を差し込んで使う構造の槍のこと。槍というと刀と同じく柄に穂を取り付けるタイプのもの(直槍。じきやり)が最もポピュラーで数も多いんだそうですが、袋槍はその逆の構造なわけですね。文次郎がいつも持っているアレが袋槍だとすると、柄を差していない穂だけの状態のもののようです。それで苦無みたいな感覚で使ってるのかな?コミックスをもうちょっと遡れば言及している巻があるのかもしれないですね…というかこれだけ書いておいて違ってたら切ないなぁ(笑) 参考はいつも通り『図説・日本武器集成』です。


「簡単に」と言っておきながら結局いつも通りな罠。
[PR]

by shougetu16 | 2009-02-01 13:06 | 忍たま・落乱