第八十訓  デートは30分前行動で

暴れん坊将軍Ⅲ(再)今回は結構笑えましたよ。賭場のお姐さんがすごく色っぽかった。江戸女はいいねぇー艶っぽくて。良かったよ。(相変わらず銀魂と関係ない話からスタート)

魂感
[PR]

# by shougetu16 | 2005-08-01 16:35 | 銀魂感想(本誌)

今年は妖怪ブームの予感

病院帰りに映画館を冷やかしに行ったら、『妖怪大戦争』のパンフレットと「完全攻略ガイド」なる物を入手。ウラには図鑑がついていて、24種類の妖怪たちの写真がズラリ。その中に豆腐小僧コスの雨上がり決死隊・蛍原が。おお、これがウワサの!妹と一緒に「かわいい~」とニヤニヤ笑っておきました。いや、マジで。とても可愛らしいです。今年はなぜか今までに無いくらい観たい映画が多い。その数なんと3本。映画なんてそのうちテレビでやるんだから、と劇場に行くのを面倒臭がっていた私にとっては大変に多い数です。

 ・姑獲鳥の夏
 ・妖怪大戦争
 ・魁!!クロマティ高校

(一つ明らかに異質なのが。母と妹は「恥ずかしい」と一緒に観に行きたくないそうで残念です)

一番楽しみなのが『姑獲鳥の夏』。友人の薦めで京極堂シリーズにハマってから約3年、去年の夏映画化と聞いたときの衝撃といったら、もう京極堂と榎さんが夢に出てきたくらいでしたよ。映画は賛否両論のようですがホント早く観たくてしょうがない。こういうの見て我慢している毎日です。

姑獲鳥の夏公式サイト  姑獲鳥の夏オフィシャルブログ
[PR]

# by shougetu16 | 2005-07-30 00:46 | 私的瑣談(雑記)

第七十九訓  人に会うときはまずアポを

今日はどういう訳か朝4時半に目が覚めて、昼食まですることがないし暇でしょうがないんでジャンプ買いに行くついでに早朝散歩としゃれ込みました。朝5時半です。人とか全然通らないし涼しいし清清しいしそのうち調子乗ってスキップなんかしちゃったりして5時50分頃帰宅。
銭形の親分の粋なべらんめえ口調も聞けたし、なんか気分がいいや。早起きは三文の得です。

魂感
[PR]

# by shougetu16 | 2005-07-25 12:22 | 銀魂感想(本誌)

第七十八訓  家政婦はやっぱり見てた

この間、『暴れん坊将軍Ⅲ』の再放送を観たら、ちょうど子供のかどわかし(誘拐)の話でした。
め組の女火消しと、その弟の話です。(銀魂には関係ないよ)

魂感
[PR]

# by shougetu16 | 2005-07-16 14:14 | 銀魂感想(本誌)

沖田総悟のべらんめえ言葉

べらんめえ口調……江戸下町の職人などの間で使われた、威勢のいい荒っぽい調子の言葉。巻き舌気味で喋る。
そういえば、最近ではコテコテの江戸弁を使う人が減ってきているらしいですね。

銀魂キャラ中で、なんとも特徴的な喋り方をする沖田。あれは「べらんめえ言葉」といいます。私はあの口調が熊本弁に並び大好き(というか方言やなまりが大好き)なんですが、言葉使いが変にになっている人をたまに見かけます。そういうものを見つけると、「ここ、変ですよ」などとコメントしたくなるんですが、私はシャイなもんですから、いつもそのまま見て見ぬフリを決め込んでいました。
しかし気になって気になって落ち着かない。これじゃいかんということで、どうにかできないかと考え、とりあえず、ここに簡単に文法(と呼べるかどうか)を書いてみる事にしました。私の駄文が役に立つかどうかはわかりませんが、少しでも参考にして頂ければ幸いです。べらんめえ口調を正しく使って、リアルな沖田、江戸っ子を目指しましょう。

※京極夏彦著/「巷説百物語」シリーズを教科書に使わせていただきました。

※「べらんめえ」とは、相手を罵る言葉です。「馬鹿め」を意味する「べらぼうめ」が変化したもの。江戸弁を象徴する程の当時の流行り言葉だったんですかね。

バリバリ神奈川県民の私が言うのもなんですが
[PR]

# by shougetu16 | 2005-07-15 15:43 | 銀魂談義(その他)

第七十七訓  ミルクは人肌の温度で

銀魂2006年版カレンダー予約しましたよ。

ええ、赤ン坊ね。どの子も大体ふてぶてしい顔してるモンですよ。たまに表情変えても、ビックリした時くらい。笑うのなんか、ホントに稀でさ。
そんなでもね、赤ン坊には不思議な力がありますよ、その場の雰囲気を和ませるような。泣き喚いてる時なんかは、そりゃ悪魔のようですがね。

魂感
[PR]

# by shougetu16 | 2005-07-12 23:17 | 銀魂感想(本誌)

第七十六訓  何であれ やるからには負けちゃだめ

銀さん一護と一緒に表紙で登場!朝、さっそく買いに行ったらなぜかいつもの3倍くらいのスペースを使ってジャンプが並べてあって、一面に二匹の侍の表紙ですよ。銀さん木刀構えてカコイイ。刀×刀の図っていいですねぇ。お前らはジャンプの華さ!そしてそして・・・
銀魂オリジナルアニメ化おめでとキャッフォォォォォォォォォォォォォウ!!!!!
(このことについては後で書ほど書く予定)
期末テスト真っ最中。でも気にしない気にしない。私が留年しても日本が滅亡するわけでもないし。でも私は月曜に銀魂読まないと滅亡するからね。

魂感
[PR]

# by shougetu16 | 2005-07-04 16:20 | 銀魂感想(本誌)

~当ブログのご案内~

◆概容◆

こちら【昇月堂(銀)】(しょうげつどう)は、空知英秋の漫画作品『銀魂』についてひたすら語るブログです。主な更新は週刊少年ジャンプ掲載の『銀魂』感想、毎週のアニメ感想など。単行本やDVDのレビューも随時。(単行本は十九巻より加筆修正箇所チェック付きのレビューになります。)その他各巻収録話データのまとめ、グッズ情報、考察、雑記…などなど大体そんな感じ。

<諸注意など>
本誌感想は基本ネタバレしておりますので、 単行本派・アニメ派の方はご注意ください。
当ブログはリンクフリーです。報告は不要です。
コメントやトラックバックの内容が記事内容に相応しくないと管理人が判断した場合、それらを削除させて頂く事があります。商業目的の宣伝、アダルト関連のスパム、他の訪問者の方々に不快感を与えるような内容のものが主な対象となります。また内容が半角英数のみのコメント及びトラックバックは受け付けておりません。ご了承ください。

メールアドレス⇒ しょうげつ16@excite.co.jp
(※平仮名部分をローマ字に変換して下さい。)
コメント欄では事足りない事とか管理人と個人的にお話したい事とかお気軽に。



◆各カテゴリについて◆

銀魂感想 (本誌)
「週刊少年ジャンプ」本誌にて連載中のマンガ『銀魂』の感想です。随時更新。

銀魂活画 (アニメ)
全国テレビ東京系にて放送中のアニメ『銀魂』の感想です。
DVDのレビューもここでやっています。随時更新。

銀魂談義 (その他)
単行本や番外編等のレビュー、グッズ情報、その他日々の銀魂に対する雑感など。
銀魂に関連する話題を気ままに書き散らしています。

幻妖趣味 (~怪~)
当ブログ唯一の個性?管理人の趣味まる出しに“怪”な視点から空知作品に切り込みます。
ごく稀に空知作品とは関係ない話を持ち出す事も。ちなみに更新少なめ…。

基本資料 (データ)
単行本やDVDの収録話などのデータ、銀魂公式サイトの一覧。
単行本データとDVDデータは随時更新。

私的瑣談 (雑記)
銀魂とはあまり関係ない私事をを書き散らす自分日記。
管理人の近況、銀魂以外の漫画・小説等の感想などなど。

週刊少年ジャンプ
「週刊少年ジャンプ」本誌の他作品の感想や関連話題。
気まぐれに不定期更新。

忍たま・落乱
アニメ『忍たま乱太郎』・原作『落第忍者乱太郎』の感想、雑記など。
更新頻度が銀魂関連を越す勢いになってきています。

大祓記録 (更新)
半年に一度、上半期と下半期の更新振り返り祭り。一人反省会です。



◆管理人について◆

【名前】 水木 (みずき)
生き物と妖怪と銀魂が大好き。最後の昭和生まれ世代。生まれ変わるなら樹海の苔になりたい。
二〇〇五年六月、基礎知識も無いままにブログを始めるが勝手が分からず戸惑う。

【好きな漫画】 空知英秋作品、うすた京介作品 他
銀魂とは別次元に大のマサルさんファン。作中の挨拶「ウォンチュウ」は現在も友人間で普通に通る。
ちなみに好きなネタの傾向はシュール、パロディ、メタ、ブラックユーモアなど。

【好きな本】 京極夏彦作品、小野不由美作品、幕末もの歴史小説、図鑑類
偏書家。歴史もの以外の場合は妖怪が絡んでいる作品にしかあまり興味を持たない。
しかし最近は森見登美彦の京都某大を舞台にした知的脱力青春小説の世界に魅了されている。
小野不由美の十二国記シリーズの再開を心待ちにしている。
※漫画・小説など、所持している作品についてはブクログ水木家の本棚を参照

【好きなテレビ番組】 銀魂、忍たま乱太郎
ドラマには全く興味が無く、バラエティもテレビが点いてたら見るという程度なので、とかく流行に疎い。
という訳で毎週欠かさず見ている番組というのはアニメ『銀魂』『忍たま乱太郎』くらいです。

【好きなアーティスト】 Tommy heavenly6、吉田拓郎、中島みゆき
好きなジャンルはロックとフォーク。拓郎さんの「落陽」ライブverは最高だと思う。
友達とのカラオケで一番盛り上がるのはペニシリンの「ロマンス」。

【好きな映画】 となりのトトロ
映画にもあまり興味がないためテレビで放送されていても観る事は殆ど無いが、トトロは好き。
あとクレヨンしんちゃんの「オトナ帝国の逆襲」ではちょっと泣きそうになった。
クレヨンしんちゃん映画でいえば「オトナ帝国」と「ヘンダーランド」がツートップである。
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-30 00:00

第七十五訓  似てる二人は喧嘩する

喧嘩するほど仲がいい、なんて言っちゃァいけません。本人たちは怒って喧嘩はエスカレートするばかり。男の喧嘩は横からまぜっかえしたりせず、傍観するだけでいいんです。ねっ、おじさん。

魂感
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-28 18:17 | 銀魂感想(本誌)

第七十四訓  キャバクラ遊びは20歳になってから

深夜の新宿かぶき町。にごった光を放つネオンの下、女に酒に溺れる男たち。そんな男を絡めとる、金に飢えた女たち。欲望渦巻くこの町で、見えるは現か幻か。自己を失い身を滅ぼす愚かな男たちの姿を見よ。たくましくも美しく生きる、女たちの生き様を見よ!!

魂感
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-22 19:18 | 銀魂感想(本誌)

燃えよ剣


コミックス第7巻で空知氏も『燃えよ剣』のファンだったことを知り、ものっそい親近感わきました。

私が読んだ数少ない新選組の小説の中でも、一番はじめに読んだ作品。主人公は土方歳三。新選組ブーム火付け役といっても過言ではない作品。読みやすくてさくさく読めました。
私はこれで、土方歳三に惚れてしまいましたよ。すごくいい男。空知氏が「土方はもとのイメージが強くてキャラをこわせない」というようなことを言っていましたが、これ読んだ後じゃあそうなりますよ誰でも。こんな格好いい人どうやってこわせというんだ。マヨネーズでこわしたけどね!
『燃えよ剣』以外の作品もいくつか読みましたが、どの作品でも土方さんはいい男。陰気で、冷徹で、頭が切れて、洒落てて、女にモテて、剣が強くて、喧嘩好きで、俳句がへたで・・・・。大変魅力あふれるキャラ。函館五稜郭戦争で散る姿は、もうこの上もなく格好いいと思いました。
このイメージをぬぐえないでいて、あのマヨラー土方が生まれたってすごいですよ。でも、銀魂の土方にも、土方歳三のイメージがちょこちょこ見えるときがあります。言葉の端々とか、態度に。隊士に「死ねェ副長!」などと言われて「もしかして嫌われてんのか?」な場面がありましたが、そのあたりもイメージが重なります。切腹の命令など、あえて憎まれ役を買ってでて、隊士の憎しみの矛先が近藤にはいかないようにしていた土方歳三。もしかしたら真選組でも同じようなことが行われているかも、と想像してみたり。
空知氏が長谷川さんに並ぶ好きなキャラって、近藤かなと思ってたのですが、もしかして土方かなと思ったりしました。思い入れが深いようだし。

空知氏のなかでは、土方は永遠の格好いい男なのでしょうね。
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-18 13:29 | 銀魂談義(その他)

アネモネ流陰陽道

素人による、美人巫女姉妹 阿音・百音と陰陽道の関係について
タイトルに「アネモネ流~」とつけたのは二人の呪法がオリジナルに見えたからです。神楽のように第七十二・七十三訓で訳がわからない用語があった人は必見ですよ!


まず陰陽道史について非常に軽く説明。陰陽道は、平安時代辺りでは現在のようなオカルト的なものではなく暦学、天文学などを扱った最先端科学でした。陰陽師は科学者です。江戸時代までは政治的影響力がとても強かったのですが、明治維新を境に力を無くしてしまいました。ですが、民間ではむしろ栄えていたようです。公的なものから私的なものへと変化していったんですね。公的な力を失ってしまっても、陰陽道の思想は私たちの生活にも深く根付いています。(節分とか、相撲とか、色々あります)

※道教…中国古来のシャーマニズム的呪術信仰を基盤とする自然宗教。陰陽道や仏教、儒教など多くの宗教の思想に影響を与えた。陰陽説・五行説、風水、占星術などはこの道教からきた考え。

☆宗教にはかなり疎い管理人による用語解説★
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-17 20:54 | 幻妖趣味(~怪~)

第七十三訓  百万編の詩より一吠えのワン

定春巨大化編が完結。・・・というか何この掲載位置!すごい後ろだよ!前回は前から三番目だったのに!怖いよ!どの訓のアンケートが反映されたのでしょうか。出さなくちゃなあ。

銀魂感想、略して魂感
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-15 20:34 | 銀魂感想(本誌)

妖物・銀魂談義~枯れゆく魂に潤いを~

妖怪―――と聞いて、みなさんは何を想像するでしょうか。
河童、天狗、鬼、化け狐、付喪神・・・・・・と、挙げればキリがありません。母と妹にきいてみたら、二人とも「ゲゲゲの鬼太郎と答えましたよ。
私は、その妖怪が大ッ好きなんです。

「高齢女性」と書こうとして「高齢女怪」になってしまったり、某CMの「支店同士の電話代・・・」というセリフが「酒呑童子の電話代」に聞こえたり、「道具」が「道真」に見えたり・・・もう末期なほどに。(でも道真様は妖怪というか怨霊だよ)
なんか神秘的な部分に惹かれたのですよ。
バケモノまみれだった私の頭の中は今は銀魂まみれなのですが、その銀魂の中に妖怪の気配を感じることがあります。妖怪といってもおっかないもの、という意味でなく。
日本人としての、何か。

父さん、妖気をかんじます!
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-14 23:40 | 幻妖趣味(~怪~)

公式サイトリンク集

『銀魂』の公式サイトのリンク集。


■週刊少年ジャンプ
銀魂 (「POP WEB JUMP」内 公式サイト)
銀魂スペシャルコーナー (  〃  特設ページ)

■アニメ
銀魂どっとこむ (公式サイト。総合情報)
サンライズ (サイト下のロゴから銀魂ページへ)
あにてれ 銀魂 (テレビ東京のアニメ版公式サイト)
銀魂-DVD情報-

■ゲーム
銀魂でぃ~えす・万事屋大騒動! (バンダイ)
銀さんと一緒!ボクのかぶき町日記 (バンダイ)
銀魂 万事屋ちゅ~ぶ ツッコマブル動画 (バンダイ)
銀魂 銀玉くえすと 銀さんが転職したり世界を救ったり (バンプレスト)
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-14 00:00 | 基本資料(データ)

DVDデータ

TVアニメ『銀魂』DVD収録話のデータ。未発売分も記載しています。随時更新。
(巻数をクリックすると各巻の感想へ飛びます。)

DVDデータを見る>>
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-13 00:10 | 基本資料(データ)

単行本データ

単行本収録話のデータ。未発売分も記載しています。随時更新。
巻数をクリックすると各巻の感想に飛びます。(第十七巻~最新刊 迄)

単行本データを見る>>
[PR]

# by shougetu16 | 2005-06-13 00:00 | 基本資料(データ)