WJ08号気まぐれ感想

新年になったら「神社の参拝の仕方」とかやろうと思ってたんですがもう初詣シーズンなんてとっくに過ぎてますね。私まだ初詣行ってないし。

って何という事か!神職を志す者でありながら!「人がたくさんいるだろうから行くのは厭だ」などと!このものぐさ太郎之助が!!




■表紙:BLEACH
グリムジョー、斬月を鷲掴み。すっかりレギュラーですね。


●魔人探偵脳噛ネウロ
扉絵のどろんと濁った色彩が何とも心地良い。
弥子ってば鮭児食べた事あるの!?彼女は食の為なら時間も金も惜しまないのでしょうか。
本編は、いつも通りの犯人探しからではなくいきなり証拠探しから。直感だけで判る犯人って凄いなぁ。変態オーラを垂れ流し、せっかくアリバイ工作したのに隠す気があるのか無いのかわからない変態さんですね。

●ONE PIECE
バスターコールってただの砲撃だけ?核のイメージとは程遠いスケールだ。

●アイシールド21
試合より気になる、「3年ぶり」のヒル魔vs阿含。

●BLEACH
霊圧抑えた状態の戦いでは真っ先に斃れていた筈の乱菊さんが一番元気。最初から死んだフリ的なものだったんですかね。

●ボボボーボ・ボーボボ
見た目の奇抜さで勝負するコアーラ夫人に笑。

●NARUTO
ナルトもサクラも怒ってるけど、どちらかと言えば正論言ってるのはカブトの方ですよね。サイも。「主人公側の言う事が正しい」図にするにはちょっと無理があるような。

●家庭教師ヒットマンREBORN!
お決まりの悪役側の事情説明が前半。気持ちがちょっと緩んだだところで復讐者(ヴィンディチェ)登場、マフィアの甘くない世界を見せつけ空気を引き締めます。このゾクッとくるシビアさ良いですね。骸成仏オチじゃなく、時を待って再び復活する事を臭わせる終わり方も好き。善意も悪意も入り混じった未来の広がりを感じました。

●タカヤ
花房兄は意外とシスコンでした。でも変わったのは戦い方だけの筈で、性格まで変化させるようなきっかけだったかはやや違和感。
春歌は駄目だなぁ。格闘技は試合で使うんじゃなくて、自分が危なくなった時にこそ生かさなくちゃ。「ひたすら護りの姿勢」っていうせっかくの個性が勿体無い。格闘技は人を傷つける事じゃなくて心と身体を鍛える為のものですよ。自分が危機に陥ったら、自分の事を護れるように。他人が危機に陥っているのを見たら、護ってあげられるように。大事なのは平和を愛する事ですよ(というかこれは少林寺拳法の精神です)。

●特別読切:宇宙商人ポメットさん
パナエちゃんのSっぷりが好きだ。

●D.Gray‐man
リナリーが死んだかもしれなくて絶望感悲壮感たっぷりでしょうがないです。ヒロインだしこのまま終わるとも思えませんが、もし本当にリナリーが死んでいても善い方に何かありますよね。そうじゃなきゃ人心(読者の心)の救いようがない。
画が綺麗なので動画で見てみたいなぁと思いました。

●テニスの王子様
「手塚の域に達っせねーんだよ」の意味がテニスの意味にとれませんよこれ。なにかもっと別の・・・大道芸とか超能力とかそんな言葉では表せないような何か・・・。

●ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
冥王ってそんなに契約が嫌なんでしょうか。そして使い魔は意外にも、メルヘンチックな妖精さんでした。これで本当に仕事が出来るのだと思うと凄いです。
一方の合宿組は、サッサと止めを刺さないでじわじわじりじりと(読者側を)焦らすブイヨセンと未だに鬼ごっこ中。ブイヨセンのこの焦らし方はプロです(何の)。

●DETH NOTE
なんと実写映画化。二時間くらいの映画でまとめられんのか?とか思ってたらすぐに第二弾も上映するらしい。読切版の映画化でも良かったと思いますけどね、やるなぁ。
本編では二人の女の人形をクネクネさせるニアに笑。

●銀魂
「そうそうこの辺だよ」と、何故か安心してしまうこの掲載位置。感想はこちら

●こちら葛飾区亀有公園前派出所
飲み会の罰ゲーム的な事を一日中やる話。麗子の電圧湿布が股間か内腿だったらかなりいやらしい事になってたでしょうね。そこは運でカバーしてきました。
カタカナ語が苦手なので「頼むから日本語で言ってくれ」と思う事がしょっちゅうなんですが、日本語では微妙に表現し難い外国語とかもありますしね(アイデンティティとか)、適度な外国語はむしろ取り入れるべきと思います。言葉は時代と共に移り変わるものなので、いつかは「汚名挽回」でまかり通る時代も来るかもしれません。でも「雰囲気」を「ふいんき」とか読む人がいるのはどうしても許せないよ…。

●みえるひと
やっぱ一番好きなのはあのとぼけた地蟲だなぁ。

●HUNTER×HUNTER
王の名前の話題が出ました。女王が考えた「メルエム」という名前がちゃんとあるけど、どうやって伝わるんだろう。伝わるとしたらこのシリーズ終盤の終盤辺りでしょうか。
最後の王の表情は「ああ!俺は何てことして来たんだろう!!」の後悔の顔じゃなくて、愉しみに目覚めた顔?自分を凌駕する可能性のある芽を狩りとる事に快感を覚えた王。コムギもちょっと危なくなってきたかも。

●太臓もて王サーガ
ツボは「“ハバネロ錬金術師”エロガード・エロリップ」。「うえきの法則」へのスライドのさせ方が面白いです。でもこの世からエロ排除したら人間かなり早めに滅ぶんじゃないでしょうか。「ブルマの懐妊を知ったヤムチャの心境」は生々しいわ!
照れながら二階の窓から飛び出す矢射子の姿に可愛さを感じました。宏海への気持ちについてはバレンタインネタをやる時まで引っ張るかなーと思っていましたが意外と早く触れられましたね。大丈夫だとは思うけど、どうかバレンタインまで連載続いてくれますように。

●べしゃり暮らし
プロの芸人に早速失言する圭右。やっぱりか!

●Mr.FULLSWING
流し読みで失礼します。猿野と凪はなんか薄い気がする。二人とも本音は言ったけどまだ上辺だけな感じが抜けないなぁ。フワフワしてて。

●大泥棒ポルタ
「ヴァルデ教」は初めて出た単語ですか?事前に何か示唆してくれなきゃ分かりません。せめてキリスト教とかユダヤ教とかゾロアスター教とか、わかる人が居る知名度の高い宗教だったらばまだ良かったのに。何の説明も無いままに自分だけの世界で話進められても困りますよ北嶋先生!

●ピューと吹く!ジャガー
そふとくり~むの愉快な仲間たちが増えている!楽器は(私は)テルミンしかわからないです。皆ジャガーさん・ケミカル・キム公の様に服の中央に楽器形の穴が開いているので、「だいたいこんな形」というのが分かるようになってますよ(でも小さくてわかり難い)。
「アイツの正体」を端で小さくバラしちゃうのはうすた京介色が地味に全開で笑いました。


●巻末コメント
大先生…
ファンとしては最高な幸せでしょうね。いいなぁ。
北嶋先生…今年が成人式!?まだ人生経験が浅い人でしたか。
うすた先生…ヤーコンの健康パワーは確かなもののようですね。
[PR]

by shougetu16 | 2006-01-26 16:45 | 週刊少年ジャンプ

<< 第百三訓  雪ではしゃぐのは子供だけ 第百二訓  僕が僕であるために >>